ロジビズ :月刊ロジスティックビジネス
ロジスティクス・ビジネスはロジスティクス業界の専門雑誌です。
2001年7号
データ
平成12年度食品産業における取引慣行の実態調査報告書

*下記はPDFよりテキストを抽出したデータです。閲覧はPDFをご覧下さい。

87 JULY 2001平成12年度 食品産業における取引慣行の実態調査報告書  出典:財団法人 食品産業センター 食品メーカー各社へのヒアリング センターフィー負担額に関する事前協議の程度 小売業者の業態別には昨年と比べて貴社のセンターフィー負担金額(卸売業からの補填要請を含む)の 比率(センターフィー/取引金額)はどう変化しましたか?  Q■センターフィー負担金額(センターフィー/取引金額)の比率の変化 百貨店 0% 20% 40% 60% 80% 100%大型総合スーパー 食品スーパー コンビニエンスストア ディスカウントストア 生協 その他の小売業 増加した n=176n=238n=250n=187n=176n=2n=18貴社の量販店取引において、センターフィーの負担要請に応じている量販店との事前協議について伺います。
 センターフィー負担額に関する事前協議の程度は全般的に見ると次のどれに該当しますか? Q<平成12年度> ■センターフィー負担金額に関する事前協議の程度(N=233) 0% 20%20.2%19.3%60.5%40% 60% 80% 100%6.3%6.3% 27.8%2.3% 63.6%33.6%33.6% 47.1% 18.5%38.4%38.4% 42.4% 18.0%21.4%21.4% 43.9% 33.7%22.2%22.2% 39.2% 37.5%19.0%19.0% 43.6% 37.0%14.4%14.4% 31.9% 51.6%0.8%1.2%1.1%1.1%0.5%2.1%変わらない  減少した  従来からセンターフィーの支払いはない センターフィー算出根拠の 十分な説明があった センターフィー算出根拠の 十分な説明はなかった センターフィーの負担額を 一方的に決められた <平成11年度> ■負担金額に関する事前協議の程度(N=225) 0% 20%17.8%24.0%58.2%40% 60% 80% 100%センターフィー算出根拠の 十分な説明があった センターフィー算出根拠の 十分な説明はなかった センターフィーの負担額を 一方的に決められた  JULY 2001 88センターフィー負担額の評価(コスト削減分を考慮に入れた評価) 量販店に対するセンターフィー(卸売業からの補填要請を含む)の負担は、一括納入によるコスト削減分を 考慮に入れた上で、総じてどう考えておりますか? Q■量販店に対するセンターフィー負担額について(N=229) ●資本金規模別分析● ●事前協議の程度と評価の分析● 0% 20%71.6%17.5%10.9%40% 60% 80% 100%コスト削減分を考慮に入れても 高すぎて納得できない コスト削減に見合う負担なので 納得できる その他 回答社数 全体  229  164  40  25   100%  71。
6%  17。
5%  10。
9% 
械娃娃伊円未満  71  44  17  10   100%  62。
0%  23。
9%  14。
1% 
械娃娃伊円未満〜  80  44  16  9 
渦円未満  100%  68。
8%  20。
0%  11。
3% 
渦円〜  38  30  4  4 
隠芦円未満  100%  78。
9%  10。
5%  10。
5% 
隠芦円以上  39  35  2  2   100%  62。
0%  5。
1%  5。
1%コスト削減分を 考慮に入れても 高すぎて納得できない コスト削減分に 見合う負担なので 納得できる  その他 回答社数 全体  229  164  40  25   100%  71。
6%  17。
5%  10。
9% センターフィーの  47  21  22  4 十分な説明があった  100%  44。
7%  46。
8%  8。
5% センターフィーの  44  34  5  5 十分な説明はなかった  100%  77。
3%  11。
4%  11。
4% センターフィーの額を  137  109  12  16 ほぼ一方的に決められた  100%  79。
6%  8。
8%  11。
7%コスト削減分を 考慮に入れても 高すぎて納得できない コスト削減分に 見合う負担なので 納得できる  その他  89 JULY 2001       特別積合せトラック   一般トラック       宅配貨物取扱個数    原数値  前年同期  前年同期  原数値  前年同期     (月)比  (月)比   (月)比    千トン  %  (平均)%  千個  % 10月 6,702 3.5 1.0 152,261 12.111月 6,761 0.7 △1.8 161,107 9.812月 7,800 2.8 1.2 273,547 4.813年1月 5,300 △1.9 0.2 127,009 9.813年2月 5,710 △2.6 △3.8 129,330 5.3 資料出所 トラック輸送情報(特別積合せトラック27社、一般(特別積合せを除く)トラック約1100社及び宅配貨物取扱20社)      
複匆瀛会社(合計)        JR貨物会社(車扱)        
複匆瀛会社(コンテナ)    原数値  前年同期  原数値  前年同期  原数値  前年同期     (月)比   (季調済)  (月)比  (月)比    千トン  %  千トン  %  千トン  % 10月 3,588 5.3 1,679 10.8 1,909 0.811月 3,641 5.9 1,774 6.6 1,867 5.212月 3,958 5.9 2,054 5.7 1,905 6.113年1月 3,281 5.7 1,821 9.9 1,461 1.013年2月 ■  3,570 ■  2.9 ■  1,926 ■  4.8 ■  1,644 ■  0.813年3月 ●  3,824 ●  2.6 ●  1,828 ●  0.2 ●  1,996 ●  4.8 資料出所 日本貨物鉄道株式会社 注)●印は速報値を、■印は修正値を示す    内航海運(貨物船)  内航海運(油送船)  自動車航送定期航路  外航海運(輸出)    原数値  前年同期  原数値  前年同期  原数値  前年同期  原数値  前年同期     (月)比   (月)比   (月)比   (月)比    千トン  %  千トン  %  千トン  %  千トン  % 10月 27,741 10.0 14,509 △4.9 309 2.1 946 △24.611月 27,046 8.7 14,602 △10.2 291 2.3 1.098 △11.312月 28,343 7.3 16,905 △7.6 300 3.8 1,066 △15.713年1月 24,586 9.4 16,549 1.8 251 6.0 795 △20.813年2月 250 3.7資料出所  内航運送業13社の輸送トン数  内航運送業8社の輸送トン数  長距離、中距離及び短距離の  外航船舶運航事業3社の輸送トン数   (二次輸送含む)  (二次輸送含む)  フェリー3航路の全旅客数      外航海運(輸入)  外航海運(三国間)  外貿コンテナ(輸出)  外貿コンテナ(輸入)    原数値  前年同期  原数値  前年同期  原数値  前年同期  原数値  前年同期     (月)比   (月)比   (月)比   (月)比    千トン  %  千トン  %  千トン  %  千トン  % 9月 23,747 8.4 8,074 14.8 5,931 7.2 7,592 17.310月 17,253 △27.1 5,454 △22.7 5,528 △3.2 8,007 15.411月 20,756 △12.4 6,300 △16.5 5,191 2.4 7,810 11.112月 24,084 △2.4 6,611 △12.413年1月 22,510 0.3 5,479 △20.5資料出所  外航船舶運航事業3社の輸送トン数  五大港の取扱トン数(東京港、横浜港、名古屋港、大阪港、神戸港)    航空貨物量(輸出)  航空貨物量(輸入)  航空(国内線)  航空(国際線)    原数値  前年同期  原数値  前年同期  原数値  前年同期  原数値  前年同期     (月)比   (月)比   (月)比   (月)比    トン  %  トン  %  トン  %  トン  % 10月 94,602 2.1 104,289 5.9 81,752 8.2 106,732 △4.211月 91,930 5.0 103,322 7.1 78,028 11.5 101,926 △6.412月 89,403 △1.3 102,377 8.0 101,318 9.1 97,537 △11.413年1月 63,061 △10.9 78,437 6.0 64,446 12.5 73,517 △17.413年2月 72,373 △6.8 88,972 6.5 ■  66,561 ■ △2.6 ■  83,586 ■ △5.413年3月 82,453 △4.3 105,126 1.4 ●  78,561 ● △5.3 ●  102,962 ● △2.2資料出所  新東京国際空港(東京税関調べ)  航空主要3社の輸送トン数  日本航空、日本アジア航空、日本貨物航空   関西国際空港(大阪税関調べ)   及び日本エアシステムの輸送トン数 注)●印は速報値を、■印は修正値を示す 国土交通省 月例経済報告(2001年4月発表)  JULY 2001 90入庫高及び保管残高    
横娃娃映4月  (単位:千トン、百万円)     区分  入庫高  前月比  前年同  保管残高  前月比  前年同  回転率 倉庫類別    (%)    月比(%)    (%)   月比(%)  (%)  
院腺確狒匕 数量 2,461.5 96.6 106.7 5,320.5 101.2 102.3 45.9金額 675,865.1 93.8 100.7 1,461,831.4 101.2 100.2 −野積倉庫 数量 96.3 111.4 102.1 88.5 111.2 90.1 109.3金額 9,936.7 104.3 91.5 13,913.4 105.4 90.6 −貯蔵槽倉庫 数量 63.3 92.5 268.4 171.1 102.4 123.1 36.2金額 1,999.6 89.3 169.7 5,131.6 101.8 117.9 −危険品倉庫 数量 10.1 88.5 110.5 16.9 96.2 95.7 60.4金額 4,753.4 102.1 108.0 7,547.8 98.4 84.0 −普通倉庫計 数量 2,631.2 96.9 108.1 5,597.0 101.4 102.6 46.7金額 692,554.8 94.0 100.8 1,488,424.3 101.2 100.1 −品目別明細表2                      
横娃娃映4月    項 目 入  庫  高           保 管 残 高数 量 前月比 前年同 金 額 数 量 前月比 前年同 金 額  品  目 千トン % 月比% 百万円 千トン % 月比% 百万円15 金属製品 20.7 88.4 91.5 6,056 38.1 93.2 88.0 13,93716 電気機械 161.9 77.6 100.1 95,391 415.9 102.7 96.5 177,03517 その他の機械 174.0 95.6 103.8 58,239 241.4 104.0 125.2 104,30618 板ガラス同製品 17.7 107.0 83.6 4,990 30.8 97.1 115.5 7,14819 その他の窯業品 9.4 64.9 70.4 1,307 24.1 90.5 88.9 2,87720 石油製品 4.4 96.6 126.3 1,049 7.6 104.9 126.5 2,83521 化学薬品 37.1 85.7 97.9 14,554 75.0 97.8 120.3 29,02322 化学肥料 29.0 110.5 88.6 1,666 60.3 97.8 93.3 3,13923 染・顔・塗料 7.1 88.3 76.3 5,582 13.4 93.2 78.9 7,95824 合成樹脂 169.9 93.8 93.2 40,484 339.9 100.6 97.4 78,12125 その他化学工業品 115.7 96.1 115.0 32,839 211.5 105.9 103.1 71,10026 紙・パルプ 183.7 100.4 107.3 28,910 318.5 100.9 121.4 50,01627 化学繊維糸 34.5 97.9 95.6 8,217 77.6 103.7 100.1 19,34328 その他の糸 6.1 76.6 102.0 2,030 27.4 101.0 91.1 9,06129 化学繊維織物 77.1 294.7 278.5 10,047 217.0 108.6 316.4 26,74830 その他の織物 9.9 94.1 86.9 4,571 31.2 99.8 90.4 16,16131 缶詰・びん詰 20.9 112.6 91.2 4,872 50.0 98.3 84.3 11,41032 砂  糖 17.7 86.5 96.1 3,096 53.1 93.7 75.4 10,48033 飲  料 302.1 103.8 106.4 67,069 318.8 104.3 75.1 100,22834 その他食料工業品 250.7 91.1 104.1 60,051 372.4 99.8 101.7 102,37735 織物製品 33.7 89.3 86.4 18,378 78.1 100.3 134.0 42,41936 その他日用品 169.2 101.7 115.2 46,084 299.6 103.0 117.0 85,64737 ゴム製品 30.7 89.6 120.3 6,384 35.7 93.5 98.2 9,42238 その他製造工業品 69.4 134.2 112.7 16,395 100.6 100.0 81.7 27,96839 動植物性飼肥料 65.5 90.8 122.5 6,578 110.3 96.7 122.7 11,61040 雑  品 199.6 98.9 123.4 63,477 605.1 101.9 105.0 190,848合  計 2,631.2 96.9 108.1 692,555 5,597.0 101.4 102.6 1,488,42430002900280027002600250024002300220021002000706560555045403530251996 1997 1998 1999 2000貨物回転率(%) 貨物回転率 入庫数量(千トン) 入庫数量 品目別明細表1                     
横娃娃映4月    項 目 入  庫  高           保 管 残 高数 量 前月比前年同 金 額 数 量 前月比 前年同 金 額  品  目 千トン %月比% 百万円 千トン % 月比% 百万円1 米  78.1 107.0 152.8 13,796 645.8 103.7 98.8 97,4132 麦 16.6 93.5 225.1 917 64.9 106.0 109.1 2,7263 雑  穀 29.1 77.7 802.5 696 66.5 97.2 104.0 1,7154 豆 26.3 112.9 82.0 3,570 76.8 102.2 108.2 10,5705 畜 産 品  1.4 58.4 98.5 979 4.6 102.9 142.1 1,8226 水 産 品 1.0 182.6 73.8 1,060 2.8 114.3 70.8 2,1247 油脂用作物 13.4 94.6 159.7 602 35.5 100.4 160.0 1,9538 葉たばこ 13.4 67.4 86.1 4,689 87.3 100.1 86.6 16,9689 その他の農産品 88.1 94.4 106.6 18,724 123.6 98.2 91.0 44,17110 天然ゴム 6.3 109.4 89.3 1,252 24.5 79.6 57.5 5,10611 木  材 23.7 91.1 98.3 2,107 55.5 98.0 81.0 5,02912 非金属鉱物 26.2 69.0 80.5 2,599 84.5 93.2 91.4 5,85213 鉄  鋼 33.1 84.4 106.9 3,869 56.2 97.9 135.6 7,84914 非鉄金属 56.8 90.7 73.7 29,379 115.1 96.7 83.8 73,912日本倉庫協会 普通倉庫21社統計(2001年4月) 入庫数量と貨物回転率の推移  91 JULY 2001主要12都市受寄物(月末保管残高) 
隠毅 158 159161166 168 170 169 168 170174172173172175 175178181 182 182180 182185181182177180 1801501601701801902001月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 万トン 主要12都市受寄物(収容能力) 
毅横娃毅横横毅横横毅械苅毅械僑毅械械毅械 538541 541 543 541539 539 538 537 537 539 539536 536 537538 537 5365335355355005105205305405501月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 万トン 主要12都市受寄物(入庫数量) 
僑 70849494948386 85 85889310072779191 88 90 91 928793 95103777560657075808590951001051101月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 万トン 主要12都市受寄物(出庫数量) 
僑牽沓隠牽横沓牽牽苅牽坑牽 85 878910271788891949186 8790 92 89 91 92107768060657075808590951001051101月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 万トン 主要12都市受寄物(在庫率) 
械亜
530。
130。
530。
231。
031。
531。
731。
4 31。
1 31。
332。
031。
832。
031。
932。
5 32。
833。
2 33。
733。
933。
434。
034。
633。
733。
8 33。
6 33。
833。
033。
82830323436381月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 % 主要12都市受寄物(回転数) 

20 5。
305。
096。
966。
016。
126。
426。
046。
04 6。
226。
414。
985。
376。
275。
96 5。
99 6。
036。
095。
776。
13 6。
157。
016。
831月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 

94。
24。
54。
85。
15。
45。
76。
06。
36。
66。
97。
27。
57。
8回転/年 

251999年  2000年  2001年  1999年  2000年  2001年 
隠坑坑糠  2000年  2001年  1999年  2000年  2001年 
隠坑坑糠  2000年  2001年  1999年  2000年  2001年 日本冷蔵倉庫協会 主要12都市受寄物庫腹利用状況(1999年2月〜2001年4月) 

075。
075。
076。
34 6。
28 6。
27

購読案内広告案内