ロジビズ :月刊ロジスティックビジネス
ロジスティクス・ビジネスはロジスティクス業界の専門雑誌です。
2010年9号
特集
資料 国内有力3PL企業ガイド2010主要48 社の最新事業概要と業務領域

*下記はPDFよりテキストを抽出したデータです。閲覧はPDFをご覧下さい。

21  SEPTEMBER 2010 特 集 3PL市場 2010 国内有力3PL企業ガイド2010 主要48 社の最新事業概要と業務領域 資 料  国内主要物流企業の3PL事業の売上高や組織体制、ビジネスモデルなどの情報を、17 ページのランキング表および22〜37ページのガイドに掲載した。
「3PL」の定義や3PL 売 上高の算出方法は各社により異なり、データは基本的に自己申告に基づく。
一部、本誌 がヒアリングと各種調査から推定および説明を加えたものも含まれている。
その場合には 「本誌推定」と明記した。
 ガイドで各社の社名と並べて白抜きで表示した「3PL事業売上高」は、千万円単位を 四捨五入したもの。
詳しくは各社の「3PL事業売上高の推移」を参照。
「連結売上高」も 同様に、千万円単位を四捨五入している。
《ガイドの見方》 《調査の方法》 ■3PL事業売上高の算出方法──3PL事業売上高の算定基準 ■3PL事業の売上高の推移──3PL事業売上高の実績および今期見込み ■組織──3PL事業の担当組織および所属人数 ■アセット所有率──3PL物件で使用しているリソースの自社所有率  輸送──3PL案件で使用している車両の自社所有率、傭車率の逆  倉庫──3PL案件の拠点数に占める自社所有物件の割合  庫内作業──物流センター内のオペレーションの主な委託先 ■IT──3PL案件で使用しているITインフラの概要  
廝唯哦;Warehouse Management System:倉庫管理システム  
圍唯哦;Transport Management System:配車管理システム  Internet──荷主企業とのインターネットを介したインターフェースシステム  ネットワーク最適化──物流ネットワークの最適化シミュレーションシステム  ERP──荷主企業のERP(Enterprise Resource Planning:基幹業務パッケージソフト)      とのインターフェースシステム  その他──その他のITインフラ ■業務領域──3PL案件で実績のある業務(以下、語句説明)  メーカー調達輸送──工場のミルクラン輸送、JIT納品等  構内(生産)物流──工場敷地内のマテリアルハンドリング  製造支援──部品加工/組み立て業務など  工場倉庫運用──工場倉庫、中央在庫拠点などの運用  一次輸送──工場倉庫〜中間流通拠点間の輸送  輸出物流──輸出通関・フォワーディング  中間流通拠点運営──販社・卸のセンター、小売一括物流センター含む  中間流通拠点の調達輸送──ミルクラン物流など  クロスドッキング──入荷した荷物を保管せず、すぐに仕分けて出荷する作業  二次輸送──中間流通拠点〜店舗/ユーザー間の輸送 SEPTEMBER 2010  22 □ロジスティクス設計 □ロジスティクス改革・改善 □情報システム構築 □共同物流企画・運用 □環境対応強化 □メーカー調達輸送 □国際調達(輸入物流) □構内(生産)物流 □製造支援 □工場倉庫運用 □輸送梱包 □一次輸送 □輸出物流 □国際一貫輸送 □海外物流拠点運営 □二次輸送 □製品回収 □コールセンター(受注窓口業務) □決済・金融サービス □その他 □三国間輸送管理 □中間流通拠点運営 □中間流通拠点の調達輸送 □流通加工 □クロスドッキング ■3PL事業売上高の算出方法 ■組織部署名 所属人数 ■3PL事業の主要顧客および営業ターゲット ■業務領域 ■IT WMS TMS   Internet   ERP ■3PL事業売上高の推移 連結総 売上高 3PL事業 売 上 高日本通運1500億円1兆5696億円2010年 (本誌推定) 3月期 N-APOLO FORCE、REWARDS、GROW、 Wins2000、WebWins RACS、N-SORA、NS-NETほか Webインターフェイス 製品名なし グローバルロジスティクスソリューション部 43人 ヒアリングと各種資料から本誌推定 06年3月期1300億円、07年3月期1400億円、08年3月期1500億 円、09年3月期1500億円、10年3月期1500億円(ともに本誌推定) 外資系企業、自社インフラを保有しない企業(無店舗販売)、SCM構築 を目指している企業。
食品メーカー・卸、酒類飲料メーカー、日用品・医 薬品メーカー・卸、大手通販、家電量販店ほか □ロジスティクス設計 □ロジスティクス改革・改善 □情報システム構築 □共同物流企画・運用 □環境対応強化 □メーカー調達輸送 □国際調達(輸入物流) □構内(生産)物流 □製造支援 □工場倉庫運用 □輸送梱包 □一次輸送 □輸出物流 □国際一貫輸送 □海外物流拠点運営 □二次輸送 □製品回収 □コールセンター(受注窓口業務) □決済・金融サービス □その他 □三国間輸送管理 □中間流通拠点運営 □中間流通拠点の調達輸送 □流通加工 □クロスドッキング ■3PL事業売上高の算出方法 ■組織部署名 所属人数 ■3PL事業の主要顧客および営業ターゲット ■業務領域 ■IT WMS TMS   Internet   ネットワーク最適化   ERP ■3PL事業売上高の推移 連結総 売上高 3PL事業 売 上 高日立物流1950〜2000億円3319億円2010年 (本誌推定) 3月期 自社(グループ)開発 自社(グループ)開発 自社(グループ)開発 自社(グループ)開発 (社内系)SAP社ERP 約320人(10年8月時点) 国内・国際含む複合的な受注形態による物流サービスの売上高合計(決 算書には「システム物流」として記載)。
この他、グループ向けを含めると 2522億円の売上高がある 06年3月期1385億円、07年3月期1520億円、08年3月期1800億円、09年3月 期1950〜2000億円、10年3月期1950〜2000億円(07年3月期以降は本誌推定) 小売、卸、生活関連・医療・情報通信等、全般(医薬品、化粧品・トイレ タリー、アパレル・スポーツ、雑貨、食品・飲料、自動車部品、電子部品、 精密機器、建設機械、住宅設備、小売、卸、金融、サービス等) グローバル第一営業開発本部、グローバル第二営業開発本部、技術本部 ■アセット所有率 ・輸送 ・倉庫 ・庫内作業  主に作業子会社に委託 10%未満 10%〜20%未満 20%〜30%未満 30%〜40%未満 40%〜50%未満 50%以上 20%未満 20%〜40%未満 40%〜60%未満 60%〜80%未満 80%以上 ■アセット所有率 ・輸送 ・倉庫 ・庫内作業  主に自社で処理 10%未満 10%〜20%未満 20%〜30%未満 30%〜40%未満 40%〜50%未満 50%以上 (本誌推定) 20%未満 20%〜40%未満 40%〜60%未満 60%〜80%未満 80%以上 □ロジスティクス設計 □ロジスティクス改革・改善 □情報システム構築 □共同物流企画・運用 □環境対応強化 □メーカー調達輸送 □国際調達(輸入物流) □構内(生産)物流 □製造支援 □工場倉庫運用 □輸送梱包 □一次輸送 □輸出物流 □国際一貫輸送 □海外物流拠点運営 □二次輸送 □製品回収 □コールセンター(受注窓口業務) □決済・金融サービス □その他 □三国間輸送管理 □中間流通拠点運営 □中間流通拠点の調達輸送 □流通加工 □クロスドッキング ■3PL事業売上高の算出方法 ■組織部署名 所属人数 ■3PL事業の主要顧客および営業ターゲット ■業務領域 ■IT WMS TMS   Internet   ネットワーク最適化   ERP その他 ■3PL事業売上高の推移 連結総 売上高 3PL事業 売 上 高センコー1120億円2277億円2010年 3月期 ベストパートナーシステム(WMS) ベストパートナーシステム(TMS) ベストパートナーシステム(SCEM) ベストパートナーシステム(Tvsi) ベストパートナーシステム(EAI) ベストパートナーシステム(Forecast):需要予 測ツール、ベストパートナーシステム(CTI): 受注センターシステム ロジスティクス営業本部、他 約100人(物流SEとして) 3PLサービスの商品売上高合計 06年3月期686億円、07年3月期735億円、08年3月期770億円、 09年3月期930億円、10年3月期1120億円、11年3月期1200億 円(見込み) 住宅メーカー、石油化学メーカー、チェーンストア(GMS等) ■アセット所有率 ・輸送 ・倉庫 ・庫内作業  主に自社で処理 10%未満 10%〜20%未満 20%〜30%未満 30%〜40%未満 40%〜50%未満 50%以上 20%未満 20%〜40%未満 40%〜60%未満 60%〜80%未満 80%以上 (すべて本誌推定) 特 集 3PL市場 2010 23  SEPTEMBER 2010 □ロジスティクス設計 □ロジスティクス改革・改善 □情報システム構築 □共同物流企画・運用 □環境対応強化 □メーカー調達輸送 □国際調達(輸入物流) □構内(生産)物流 □製造支援 □工場倉庫運用 □輸送梱包 □一次輸送 □輸出物流 □国際一貫輸送 □海外物流拠点運営 □二次輸送 □製品回収 □コールセンター(受注窓口業務) □決済・金融サービス □その他 □三国間輸送管理 □中間流通拠点運営 □中間流通拠点の調達輸送 □流通加工 □クロスドッキング ■3PL事業売上高の算出方法 ■組織 ■3PL事業の主要顧客および営業ターゲット ■業務領域 ■IT WMS Internet ■3PL事業売上高の推移 連結総 売上高 3PL事業 売 上 高ヤマトホールディングス789億円1兆2008億円2010年 3月期 L-CAT SAS(セールスアシストシステム)、 WNMS(ウェアハウスネットワークマネジメント システム) 「BIZロジ事業」の部門売上高 06年3月期1115億円、07年3月期913億9200万円、08年3月期 956億9200万円、09年3月期929億4700万円、10年3月期789 億2700万円、11年3月期810億円(見込み) 3PL専門部署は設けていないが、販売物流サービスカンパニー が営業を担当 大手・中小通販会社、医薬品メーカー、飲料メーカー、たばこメーカー、 出版社、食品メーカー、各種部品メーカー、百貨店、損害保険会社、生 命保険会社、証券会社、銀行、印刷会社、広告代理店など ■アセット所有率 ・輸送 ・倉庫 ・庫内作業  主に自社で処理 10%未満 10%〜20%未満 20%〜30%未満 30%〜40%未満 40%〜50%未満 50%以上 20%未満 20%〜40%未満 40%〜60%未満 60%〜80%未満 80%以上 □ロジスティクス設計 □ロジスティクス改革・改善 □情報システム構築 □共同物流企画・運用 □環境対応強化 □メーカー調達輸送 □国際調達(輸入物流) □構内(生産)物流 □製造支援 □工場倉庫運用 □輸送梱包 □一次輸送 □輸出物流 □国際一貫輸送 □海外物流拠点運営 □二次輸送 □製品回収 □コールセンター(受注窓口業務) □決済・金融サービス □その他 □三国間輸送管理 □中間流通拠点運営 □中間流通拠点の調達輸送 □流通加工 □クロスドッキング ■3PL事業売上高の算出方法■組織 ■3PL事業の主要顧客および営業ターゲット ■業務領域 ■IT WMS TMS   Internet ■3PL事業売上高の推移 連結総 売上高 3PL事業 売 上 高キユーソー流通システム1008億円1354億円2009年 11月期 HSS QTIS 製品名なし 全体連結売上高から親会社向け売上高およびその他事業売上高 をマイナス 05年11月期956億6000万円、06年11月期994億8800万円、 07年11月期1031億6300万円、08年11月期1052億8400万、 09年11月期1008億4100万円 3PL専門部署は設けていないが、営業企画部および流通 営業部、メーカー営業部、広域営業部が営業を担当 加工食品メーカー、コンビニエンスストアチェーン、外食チェーンなど ■アセット所有率 ・輸送 ・倉庫 ・庫内作業  主に作業子会社に委託 10%未満 10%〜20%未満 20%〜30%未満 30%〜40%未満 40%〜50%未満 50%以上 20%未満 20%〜40%未満 40%〜60%未満 60%〜80%未満 80%以上 □ロジスティクス設計 □ロジスティクス改革・改善 □情報システム構築 □共同物流企画・運用 □環境対応強化 □メーカー調達輸送 □国際調達(輸入物流) □構内(生産)物流 □製造支援 □工場倉庫運用 □輸送梱包 □一次輸送 □輸出物流 □国際一貫輸送 □海外物流拠点運営 □二次輸送 □製品回収 □コールセンター(受注窓口業務) □決済・金融サービス □その他 □三国間輸送管理 □中間流通拠点運営 □中間流通拠点の調達輸送 □流通加工 □クロスドッキング ■3PL事業売上高の算出方法 ■組織部署名 所属人数 ■3PL事業の主要顧客および営業ターゲット ■業務領域 ■IT WMS Internet   ネットワーク最適化   ERP ■3PL事業売上高の推移 連結総 売上高 3PL事業 売 上 高三井物産 物流本部500億〜550億円4兆1000億円2010年 (本誌推定) 3月期 LOMOS、LogiQ、iWMS、EXCEED、DPSほか SCM-live、SAISON-EDI、TLMS、富士通FIPほか EZ‐Planner SAP、Grandit ヒアリングと各種資料から本誌推定。
同社他部門の物流事業はのぞく 06年3月期 約550億〜600億円、07年3月期600億〜650億円、08年3 月期600億〜650億円、09年3月期500億〜550億円、10年3月期500億 〜550億円(すべて本誌推定) 自動車部品メーカー、大手建機・機械、中堅電機・電子機器、SM、GMS、 CVS、通販、雑貨販売、日系SPA、メディアコンテンツ、大手化学品、家具販 売など 三井物産物流本部物流ネットワーク部および連結子 会社(三井物産ロジスティクスマネジメント、トライネッ トロジスティクス他)の該当部署 本社は50人前後 ■アセット所有率・輸送 ・倉庫 ・庫内作業 自社で処理または外部の業務請負会社に委託 10%未満 10%〜20%未満 20%〜30%未満 30%〜40%未満 40%〜50%未満 50%以上 20%未満 20%〜40%未満 40%〜60%未満 60%〜80%未満 80%以上 (地域およびグループ 会社それぞれの業態 により様々) SEPTEMBER 2010  24 □ロジスティクス設計 □ロジスティクス改革・改善 □情報システム構築 □共同物流企画・運用 □環境対応強化 □メーカー調達輸送 □国際調達(輸入物流) □構内(生産)物流 □製造支援 □工場倉庫運用 □輸送梱包 □一次輸送 □輸出物流 □国際一貫輸送 □海外物流拠点運営 □二次輸送 □製品回収 □コールセンター(受注窓口業務) □決済・金融サービス □その他 □三国間輸送管理 □中間流通拠点運営 □中間流通拠点の調達輸送 □流通加工 □クロスドッキング ■3PL事業売上高の算出方法 ■組織■3PL事業の主要顧客および営業ターゲット ■業務領域 ■IT WMS TMS   Internet   ERP ■3PL事業売上高の推移 連結総 売上高 3PL事業 売 上 高近鉄エクスプレス448億円2118億円2010年 3月期 部署名 所属人数 UWS(Unified Warehouse System)自社ブランド CSS(Customer Service System)自社ブランド CSS(Customer Service System)自社ブランド 上記UWSにEDI Interface機能を持っている ロジスティクス営業部、SCMソリューション部 369人 倉庫事業の売上高に加えて航空輸入関連(通関・配送など)の売上高を合計 06年3月期514億9600万円、07年3月期548億7800万円、 08年3月期551億円、09年3月期483億9500万円、10年3月 期448億500万円、11年3月期476億円(見込み) 外資系・日系ハイテク(PC、通信機器その他)関連企業、医療機器、化 粧品関連、半導体製造装置関連、アパレル関連 ■アセット所有率 ・輸送 ・倉庫 ・庫内作業  主に作業子会社に委託 10%未満 10%〜20%未満 20%〜30%未満 30%〜40%未満 40%〜50%未満 50%以上 20%未満 20%〜40%未満 40%〜60%未満 60%〜80%未満 80%以上 □ロジスティクス設計 □ロジスティクス改革・改善 □情報システム構築 □共同物流企画・運用 □環境対応強化 □メーカー調達輸送 □国際調達(輸入物流) □構内(生産)物流 □製造支援 □工場倉庫運用 □輸送梱包 □一次輸送 □輸出物流 □国際一貫輸送 □海外物流拠点運営 □二次輸送 □製品回収 □コールセンター(受注窓口業務) □決済・金融サービス □その他 □三国間輸送管理 □中間流通拠点運営 □中間流通拠点の調達輸送 □流通加工 □クロスドッキング ■3PL事業売上高の算出方法 ■組織 ■3PL事業の主要顧客および営業ターゲット ■業務領域 ■IT WMS TMS Internet ■3PL事業売上高の推移 連結総 売上高 3PL事業 売 上 高SGホールディングス519億円8881億円2010年 3月期 S-WMS 貨物追跡システム 3PL専門部署は設けていないが、営業部が営業窓口を担当 SGX-web、e-サクシス、EDIサービス ロジスティクス事業の部門収益 08年3月期674億円、09年3月期547億円、10年3月期519億円 通販会社、アパレル、精密機器、外資系メーカー、各種商社・卸など ■アセット所有率 ・輸送 ・倉庫 ・庫内作業  主に自社で処理 10%未満 10%〜20%未満 20%〜30%未満 30%〜40%未満 40%〜50%未満 50%以上 20%未満 20%〜40%未満 40%〜60%未満 60%〜80%未満 80%以上 □ロジスティクス設計 □ロジスティクス改革・改善 □情報システム構築 □共同物流企画・運用 □環境対応強化 □メーカー調達輸送 □国際調達(輸入物流) □構内(生産)物流 □製造支援 □工場倉庫運用 □輸送梱包 □一次輸送 □輸出物流 □国際一貫輸送 □海外物流拠点運営 □二次輸送 □製品回収 □コールセンター(受注窓口業務) □決済・金融サービス □その他 □三国間輸送管理 □中間流通拠点運営 □中間流通拠点の調達輸送 □流通加工 □クロスドッキング ■3PL事業売上高の算出方法 ■組織部署名 ■3PL事業の主要顧客および営業ターゲット ■業務領域 ■IT WMS TMS   Internet   ネットワーク最適化   ERP その他 ■3PL事業売上高の推移 連結総 売上高 3PL事業 売 上 高ニチレイロジグループ444億円1390億円2010年 3月期 Ware Navi(ダイフク社製) Web運行管理システム(自社製) ロジスティクスマネジメントシステム(自社製) Smar Track(イー・トラック社製) 製品名なし ノンアセット型3PLおよび、小売業(TCセンター事業)のアセット型 3PL事業の合計額 株式会社ロジスティクス・プランナーおよび 株式会社ロジスティクス・ネットワーク 09年3月期402億円、10年3月期444億円、11年3月期前年並み(見込み) 小売業、外食産業、加工食品メーカー、物流プロバイダー Lixxi冷蔵倉庫・運送基幹統合システム (日立F&L社製)、D&S需要予測&補 充発注システム(自社製) ■アセット所有率 ・輸送 ・倉庫 ・庫内作業  委託先の選定業者 (現場作業はアセット先への包括委託) 10%未満 10%〜20%未満 20%〜30%未満 30%〜40%未満 40%〜50%未満 50%以上 20%未満 20%〜40%未満 40%〜60%未満 60%〜80%未満 80%以上 特 集 3PL市場 2010 25  SEPTEMBER 2010 □ロジスティクス設計 □ロジスティクス改革・改善 □情報システム構築 □共同物流企画・運用 □環境対応強化 □メーカー調達輸送 □国際調達(輸入物流) □構内(生産)物流 □製造支援 □工場倉庫運用 □輸送梱包 □一次輸送 □輸出物流 □国際一貫輸送 □海外物流拠点運営 □二次輸送 □製品回収 □コールセンター(受注窓口業務) □決済・金融サービス □その他 □三国間輸送管理 □中間流通拠点運営 □中間流通拠点の調達輸送 □流通加工 □クロスドッキング ■3PL事業売上高の算出方法■組織部署名 所属人数 ■3PL事業の主要顧客および営業ターゲット ■業務領域 ■IT WMS TMS   Internet ■3PL事業売上高の推移 連結総 売上高 3PL事業 売 上 高ハマキョウレックス376億円783億円2010年 3月期 オリジナル オリジナル オリジナル 開発部 物流センター事業の部門売上高 11人 06年3月期285億円、07年3月期321億200万円、08年3月期 346億3200円、09年3月期361億6700万円、10年3月期376 億2000万円、11年3月期400億円(見込み) 大手商社、大手SPA、大手食品メーカー、中堅スーパーマーケット、大手 アパレルメーカー、通販事業ほか □ロジスティクス設計 □ロジスティクス改革・改善 □情報システム構築 □共同物流企画・運用 □環境対応強化 □メーカー調達輸送 □国際調達(輸入物流) □構内(生産)物流 □製造支援 □工場倉庫運用 □輸送梱包 □一次輸送 □輸出物流 □国際一貫輸送 □海外物流拠点運営 □二次輸送 □製品回収 □コールセンター(受注窓口業務) □決済・金融サービス □その他 □三国間輸送管理 □中間流通拠点運営 □中間流通拠点の調達輸送 □流通加工 □クロスドッキング ■3PL事業売上高の算出方法 ■組織部署名 所属人数 ■3PL事業の主要顧客および営業ターゲット ■業務領域 ■IT WMS TMS   Internet   ネットワーク最適化   ERP ■3PL事業売上高の推移 連結総 売上高 3PL事業 売 上 高山九419億円3874億円2010年 3月期 S-LINCS、S-WARE24 S-LINCS EDI-SANCS、CISS Dr.SUM I-MAP(独自開発) 3PL営業開発部ほか 60人 3PL事業の売上高(国内自社分のみ。
関連会社、海外現法は除く)   06年3月期377億円、07年3月期420億円、08年3月期459億円、 09年3月期434億4800万円、10年3月期419億円 プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン(P&G、マックスファクター、アイム ス)、外資系メディカル、トイレタリー大手メーカー、外資系大手総合化学メ ーカー、外資石油化学メーカー、大手石油化学メーカー、電子部品メーカー、 自動車部品メーカー、家電メーカー、外資系量販専門店チェーン ■アセット所有率 ・輸送 ・倉庫 ・庫内作業  主に作業子会社に委託 10%未満 10%〜20%未満 20%〜30%未満 30%〜40%未満 40%〜50%未満 50%以上 20%未満 20%〜40%未満 40%〜60%未満 60%〜80%未満 80%以上 ■アセット所有率 ・輸送 ・倉庫 ・庫内作業  主に自社で処理 10%未満 10%〜20%未満 20%〜30%未満 30%〜40%未満 40%〜50%未満 50%以上 20%未満 20%〜40%未満 40%〜60%未満 60%〜80%未満 80%以上 □ロジスティクス設計 □ロジスティクス改革・改善 □情報システム構築 □共同物流企画・運用 □環境対応強化 □メーカー調達輸送 □国際調達(輸入物流) □構内(生産)物流 □製造支援 □工場倉庫運用 □輸送梱包 □一次輸送 □輸出物流 □国際一貫輸送 □海外物流拠点運営 □二次輸送 □製品回収 □コールセンター(受注窓口業務) □決済・金融サービス □その他 □三国間輸送管理 □中間流通拠点運営 □中間流通拠点の調達輸送 □流通加工 □クロスドッキング ■3PL事業売上高の算出方法 ■組織 ■3PL事業の主要顧客および営業ターゲット ■業務領域 ■IT WMS TMS Internet   ネットワーク最適化   ERP ■3PL事業売上高の推移 部署名 所属人数 連結総 売上高 3PL事業 売 上 高セイノーホールディングス248億円4858億円2010年 3月期 SLiMS カンガルーオンラインシステム e-seino カンガルーオンラインシステム カンガルーオンラインシステム 3PLサービスの商品売上高合計 06年3月期90億円、07年3月期162億9900万円、08年3月期166 億円、09年3月期182億9800万円、10年3月期248億500万円、11 年3月期270億円(見込み) トータルロジスティクス(輸入通関・調達〜DC〜生産・販売物流〜静 脈)を提供可能な荷主。
大手部品メーカー、大手アクセサリーメーカー、 大手工業製品メーカー、中堅アパレルメーカー、サービス業ほか ロジスティクス部 約120人 ■アセット所有率・輸送 ・倉庫 ・庫内作業  主に自社で処理 10%未満 10%〜20%未満 20%〜30%未満 30%〜40%未満 40%〜50%未満 50%以上 20%未満 20%〜40%未満 40%〜60%未満 60%〜80%未満 80%以上 SEPTEMBER 2010  26 □ロジスティクス設計 □ロジスティクス改革・改善 □情報システム構築 □共同物流企画・運用 □環境対応強化 □メーカー調達輸送 □国際調達(輸入物流) □構内(生産)物流 □製造支援 □工場倉庫運用 □輸送梱包 □一次輸送 □輸出物流 □国際一貫輸送 □海外物流拠点運営 □二次輸送 □製品回収 □コールセンター(受注窓口業務) □決済・金融サービス □その他 □三国間輸送管理 □中間流通拠点運営 □中間流通拠点の調達輸送 □流通加工 □クロスドッキング ■3PL事業売上高の算出方法 ■組織 ■3PL事業の主要顧客および営業ターゲット ■業務領域 ■IT WMS TMS   Internet   ERP ■3PL事業売上高の推移 連結総 売上高 3PL事業 売 上 高鈴与212億円813億円2009年 8月期 カーゴマスター Cargo-i SIIS SAP 3PLサービスの商品売上高合計 06年8月期198億円、07年8月期250億円、08年8月期250億円、 09年8月期211億6900万円 ロジスティクス事業本部が中心となり、全国主要拠点で営業 展開している アパレル、雑貨、自動車部品、食品、医療 ■アセット所有率 ・輸送 ・倉庫 ・庫内作業  主に作業子会社に委託 10%未満 10%〜20%未満 20%〜30%未満 30%〜40%未満 40%〜50%未満 50%以上 20%未満 20%〜40%未満 40%〜60%未満 60%〜80%未満 80%以上 □ロジスティクス設計 □ロジスティクス改革・改善 □情報システム構築 □共同物流企画・運用 □環境対応強化 □メーカー調達輸送 □国際調達(輸入物流) □構内(生産)物流 □製造支援 □工場倉庫運用 □輸送梱包 □一次輸送 □輸出物流 □国際一貫輸送 □海外物流拠点運営 □二次輸送 □製品回収 □コールセンター(受注窓口業務) □決済・金融サービス □その他 □三国間輸送管理 □中間流通拠点運営 □中間流通拠点の調達輸送 □流通加工 □クロスドッキング ■3PL事業売上高の算出方法 ■3PL事業の主要顧客および営業ターゲット ■業務領域 ■IT WMS ■3PL事業売上高の推移 ■組織部署名 所属人数 連結総 売上高 3PL事業 売 上 高トナミ運輸212億円1136億円2010年 3月期 WHOPAS 3PL 専門部署の部門売上高 08 年3月期223 億4300万円、09 年度3月期151億2800万円、 10 年3月期211億7300万円 素材関係中心 3PL 事業本部 30人 ■アセット所有率 ・輸送 ・倉庫 ・庫内作業  主に自社で処理 10%未満 10%〜20%未満 20%〜30%未満 30%〜40%未満 40%〜50%未満 50%以上 20%未満 20%〜40%未満 40%〜60%未満 60%〜80%未満 80%以上 □ロジスティクス設計 □ロジスティクス改革・改善 □情報システム構築 □共同物流企画・運用 □環境対応強化 □メーカー調達輸送 □国際調達(輸入物流) □構内(生産)物流 □製造支援 □工場倉庫運用 □輸送梱包 □一次輸送 □輸出物流 □国際一貫輸送 □海外物流拠点運営 □二次輸送 □製品回収 □コールセンター(受注窓口業務) □決済・金融サービス □その他 □三国間輸送管理 □中間流通拠点運営 □中間流通拠点の調達輸送 □流通加工 □クロスドッキング ■3PL事業売上高の算出方法■3PL事業の主要顧客および営業ターゲット ■業務領域 ■IT WMS TMS Internet ネットワーク最適化 ERP ■3PL事業売上高の推移 ■組織部署名 所属人数 連結総 売上高 3PL事業 売 上 高三菱商事ロジスティクス211億円235億円2010年 3月期 SLOTS、ILS.net(MA)など 自社開発 SLOTS 配車エキスパート 自社開発 3PLサービスの商品売上高合計 08 年3月期492 億6900万円、09 年3月期440 億1900万円、 10 年3月期211億円2000万円(本誌推定) アパレル関連、雑貨関連、食品メーカー アパレル・消費財営業部 約10人 (本誌推定) ■アセット所有率 ・輸送 ・倉庫 ・庫内作業  主に外部の業務請負会社に委託 10%未満 10%〜20%未満 20%〜30%未満 30%〜40%未満 40%〜50%未満 50%以上 20%未満 20%〜40%未満 40%〜60%未満 60%〜80%未満 80%以上 特 集 3PL市場 2010 27  SEPTEMBER 2010 □ロジスティクス設計 □ロジスティクス改革・改善 □情報システム構築 □共同物流企画・運用 □環境対応強化 □メーカー調達輸送 □国際調達(輸入物流) □構内(生産)物流 □製造支援 □工場倉庫運用 □輸送梱包 □一次輸送 □輸出物流 □国際一貫輸送 □海外物流拠点運営 □二次輸送 □製品回収 □コールセンター(受注窓口業務) □決済・金融サービス □その他 □三国間輸送管理 □中間流通拠点運営 □中間流通拠点の調達輸送 □流通加工 □クロスドッキング ■3PL事業売上高の算出方法 ■組織 ■3PL事業の主要顧客および営業ターゲット ■業務領域 ■IT WMS TMS   Internet   ネットワーク最適化 ■3PL事業売上高の推移 連結総 売上高 3PL事業 売 上 高日本梱包運輸倉庫185億円1162億円2010年 3月期 WMS スパイダーネット他 調達物流システム(COMPASS)他 E-コマース ・全国的に物流を包括して受託している取引額 ・当社システムにより物流を構築、管理している取引額 06年3月期約180億円、07年3月期約200億円、08年3月期約210 億円、09年3月期約170億円、10年3月期185億円、11年3月期200 億円(見込み) ■3PL事業売上高の算出方法 ■3PL事業売上高の推移 3PL 専門部署の部門売上高と3PLサービスの商品売上高 10年3月期200億円、11年3月期250億円(見込み) 自動車、住宅、農業機械、タイヤ、食品、医療等業種別に専属 営業体制。
また、必要に応じ、プロジェクトを組成 ・自動車、産業機械製造における調達から販売、また回収物流 ・顧客業態に合わせた物流カスタマイズ(オークション、小売り、流通業 向け) ■アセット所有率 ・輸送 ・倉庫 ・庫内作業  主に自社で処理 10%未満 10%〜20%未満 20%〜30%未満 30%〜40%未満 40%〜50%未満 50%以上 20%未満 20%〜40%未満 40%〜60%未満 60%〜80%未満 80%以上 ■アセット所有率 ・輸送 ・倉庫 ・庫内作業  主に自社で処理 10%未満 10%〜20%未満 20%〜30%未満 30%〜40%未満 40%〜50%未満 50%以上 20%未満 20%〜40%未満 40%〜60%未満 60%〜80%未満 80%以上 □ロジスティクス設計 □ロジスティクス改革・改善 □情報システム構築 □共同物流企画・運用 □環境対応強化 □メーカー調達輸送 □国際調達(輸入物流) □構内(生産)物流 □製造支援 □工場倉庫運用 □輸送梱包 □一次輸送 □輸出物流 □国際一貫輸送 □海外物流拠点運営 □二次輸送 □製品回収 □コールセンター(受注窓口業務) □決済・金融サービス □その他 □三国間輸送管理 □中間流通拠点運営 □中間流通拠点の調達輸送 □流通加工 □クロスドッキング ■組織部署名 所属人数 ■3PL事業の主要顧客および営業ターゲット ■業務領域 ■IT WMS TMS ERP 連結総 売上高 3PL事業 売 上 高住友商事200億円7兆7672億円2010年 3月期 自社開発ソフト 自社開発ソフト 自社開発ソフト 16人 機械メーカー、電気・電子メーカー、空調システムメーカーなど 国際物流事業部/VCMチーム □ロジスティクス設計 □ロジスティクス改革・改善 □情報システム構築 □共同物流企画・運用 □環境対応強化 □メーカー調達輸送 □国際調達(輸入物流) □構内(生産)物流 □製造支援 □工場倉庫運用 □輸送梱包 □一次輸送 □輸出物流 □国際一貫輸送 □海外物流拠点運営 □二次輸送 □製品回収 □コールセンター(受注窓口業務) □決済・金融サービス □その他 □三国間輸送管理 □中間流通拠点運営 □中間流通拠点の調達輸送 □流通加工 □クロスドッキング ■3PL事業売上高の算出方法 ■組織 ■3PL事業の主要顧客および営業ターゲット ■業務領域 ■IT WMS TMS   Interne(t AISP)   その他 ■3PL事業売上高の推移 連結総 売上高 3PL事業 売 上 高トランコム168億円647億円2010年 3月期 自社パッケージとして e-Storage、Storage One Star Board Ai's L-Gate(倉庫系勤怠管理システム) 「ロジスティクスマネジメント事業」の部門売上高 06年3月期129億2500万円、07年3月期137億7400万円、08年3月 期142億6400万円、09年3月期151億5800万円、10年3月期168億 2400万円、11年3月期174億円(見込み) 3PL専門部署は設けていないが、東日本営業チーム、中日本 営業チームおよび西日本営業チームが営業を担当 雑貨メーカー、医薬品卸、食品メーカー、食品卸、食品量販店、通信販 売、電化製品、家具小売ほか ■アセット所有率 ・輸送 ・倉庫 ・庫内作業  主に自社で処理 10%未満 10%〜20%未満 20%〜30%未満 30%〜40%未満 40%〜50%未満 50%以上 20%未満 20%〜40%未満 40%〜60%未満 60%〜80%未満 80%以上 SEPTEMBER 2010  28 □ロジスティクス設計 □ロジスティクス改革・改善 □情報システム構築 □共同物流企画・運用 □環境対応強化 □メーカー調達輸送 □国際調達(輸入物流) □構内(生産)物流 □製造支援 □工場倉庫運用 □輸送梱包 □一次輸送 □輸出物流 □国際一貫輸送 □海外物流拠点運営 □二次輸送 □製品回収 □コールセンター(受注窓口業務) □決済・金融サービス □その他 □三国間輸送管理 □中間流通拠点運営 □中間流通拠点の調達輸送 □流通加工 □クロスドッキング ■3PL事業売上高の算出方法■3PL事業の主要顧客および営業ターゲット ■業務領域 ■IT WMS TMS Internet ERP その他 ■3PL事業売上高の推移 ■組織 連結総 売上高 3PL事業 売 上 高安田倉庫164億円324億円2010年 3月期 YOURS? y-Lets YOURS Web YOURS? 3PLシステム:y-Lexs 3PLサービスの商品売上高合計 08 年3月期172 億4900万円、09 年3月期173 億8900万円、 10 年3月期163 億7900万円 3PL 専門部署は設けていないが、営業第一部、営業第二部、 営業開発部、国際営業部が営業を担当 外資系精密機器・家電メーカー、日系・外資系医療機器メーカー、医薬 品メーカー、食品メーカー、商社 ■アセット所有率 ・輸送 ・倉庫 ・庫内作業  主に作業子会社に委託 10%未満 10%〜20%未満 20%〜30%未満 30%〜40%未満 40%〜50%未満 50%以上 20%未満 20%〜40%未満 40%〜60%未満 60%〜80%未満 80%以上 □ロジスティクス設計 □ロジスティクス改革・改善 □情報システム構築 □共同物流企画・運用 □環境対応強化 □メーカー調達輸送 □国際調達(輸入物流) □構内(生産)物流 □製造支援 □工場倉庫運用 □輸送梱包 □一次輸送 □輸出物流 □国際一貫輸送 □海外物流拠点運営 □二次輸送 □製品回収 □コールセンター(受注窓口業務) □決済・金融サービス □その他 □三国間輸送管理 □中間流通拠点運営 □中間流通拠点の調達輸送 □流通加工 □クロスドッキング ■3PL事業売上高の算出方法 ■組織部署名 営業第二部  所属人数 22人 ■3PL事業の主要顧客および営業ターゲット ■業務領域 ■IT WMS TMS   ネットワーク最適化 ■3PL事業売上高の推移 連結総 売上高 3PL事業 売 上 高第一貨物136億円743億円2010年 3月期 C-Netなど POS(Percel Online System) 配車シミュレーションシステム 3PL専門部署の部門売上高 06年3月期110億円、07年3月期117億5000万円、08年3月期 126億1200万円、09年3月期135億1200万円、10年3月期 136億4700万円、11年3月期133億600万円(見込み) 化学品メーカー、家電量販店、食品メーカー、化粧品メーカー、家電メー カー ■アセット所有率 ・輸送 ・倉庫 ・庫内作業  主に自社で処理 10%未満 10%〜20%未満 20%〜30%未満 30%〜40%未満 40%〜50%未満 50%以上 20%未満 20%〜40%未満 40%〜60%未満 60%〜80%未満 80%以上 □ロジスティクス設計 □ロジスティクス改革・改善 □情報システム構築 □共同物流企画・運用 □環境対応強化 □メーカー調達輸送 □国際調達(輸入物流) □構内(生産)物流 □製造支援 □工場倉庫運用 □輸送梱包 □一次輸送 □輸出物流 □国際一貫輸送 □海外物流拠点運営 □二次輸送 □製品回収 □コールセンター(受注窓口業務) □決済・金融サービス □その他 □三国間輸送管理 □中間流通拠点運営 □中間流通拠点の調達輸送 □流通加工 □クロスドッキング ■3PL事業売上高の算出方法■組織 ■3PL事業の主要顧客および営業ターゲット ■業務領域 ■IT WMS ■3PL事業売上高の推移 連結総 売上高 3PL事業 売 上 高三洋電機ロジスティクス136億円381億円2010年 3月期 ■アセット所有率 ・輸送 ・倉庫 ・庫内作業  主に作業子会社に委託 10%未満 10%〜20%未満 20%〜30%未満 30%〜40%未満 40%〜50%未満 50%以上 20%未満 20%〜40%未満 40%〜60%未満 60%〜80%未満 80%以上 EXCEED i-WMS 流通営業本部 3PLサービスの商品売上高合計 06年3月期109億900万円、07年3月期118億5800万円、08年3 月期138億5000万円、09年3月期133億6200万円、10年3月期 135億9800万円、11年3月期137億2000万円(見込み) 大型家電量販店、GMS、WEB通販 特 集 3PL市場 2010 29  SEPTEMBER 2010 □ロジスティクス設計 □ロジスティクス改革・改善 □情報システム構築 □共同物流企画・運用 □環境対応強化 □メーカー調達輸送 □国際調達(輸入物流) □構内(生産)物流 □製造支援 □工場倉庫運用 □輸送梱包 □一次輸送 □輸出物流 □国際一貫輸送 □海外物流拠点運営 □二次輸送 □製品回収 □コールセンター(受注窓口業務) □決済・金融サービス □その他 □三国間輸送管理 □中間流通拠点運営 □中間流通拠点の調達輸送 □流通加工 □クロスドッキング ■3PL事業売上高の算出方法■3PL事業の主要顧客および営業ターゲット ■業務領域 ■IT WMS TMS Internet ネットワーク最適化 ERP ■3PL事業売上高の推移 ■組織 連結総 売上高 3PL事業 売 上 高日本ロジテム125億円348億円2010年 3月期 自社開発 自社開発 自社開発 RaLc(3d 物流シュミレーションソフトウェア) GLOVIA、自社開発 物流サービスの複合形態 08 年3月期約130 億円、09 年3月期約135 億円、10 年3月期 125 億円、11年3月期も同等を見込む 3PL 専任部署として営業戦略部3人、兼任部署として営業 開発部18人が営業を担当 大手食品メーカー、大手インテリアメーカー、大手電子部品メーカー、 大手アパレルメーカー ■アセット所有率 ・輸送 ・倉庫 ・庫内作業  主に自社で処理 10%未満 10%〜20%未満 20%〜30%未満 30%〜40%未満 40%〜50%未満 50%以上 20%未満 20%〜40%未満 40%〜60%未満 60%〜80%未満 80%以上 □ロジスティクス設計 □ロジスティクス改革・改善 □情報システム構築 □共同物流企画・運用 □環境対応強化 □メーカー調達輸送 □国際調達(輸入物流) □構内(生産)物流 □製造支援 □工場倉庫運用 □輸送梱包 □一次輸送 □輸出物流 □国際一貫輸送 □海外物流拠点運営 □二次輸送 □製品回収 □コールセンター(受注窓口業務) □決済・金融サービス □その他 □三国間輸送管理 □中間流通拠点運営 □中間流通拠点の調達輸送 □流通加工 □クロスドッキング ■3PL事業売上高の算出方法■組織 ■3PL事業の主要顧客および営業ターゲット ■業務領域 ■IT WMS TMS   Internet ■3PL事業売上高の推移 連結総 売上高 3PL事業 売 上 高NECロジスティクス130億円719億円2010年 3月期 自社開発 自社開発 自社開発 3PL専門部署は設けていないが、営業本部が営業を担当 3PLサービスの商品売上高合計 06年3月期146億円、07年3月期165億円、08年3月期190億円、 09年3月期170億円、10年3月期130億円、11年3月期130億円 (見込み) 電機電子部品メーカー、電子部品商社 ■アセット所有率 ・輸送 ・倉庫 ・庫内作業  主に外部の業務請負会社に委託 10%未満 10%〜20%未満 20%〜30%未満 30%〜40%未満 40%〜50%未満 50%以上 20%未満 20%〜40%未満 40%〜60%未満 60%〜80%未満 80%以上 □ロジスティクス設計 □ロジスティクス改革・改善 □情報システム構築 □共同物流企画・運用 □環境対応強化 □メーカー調達輸送 □国際調達(輸入物流) □構内(生産)物流 □製造支援 □工場倉庫運用 □輸送梱包 □一次輸送 □輸出物流 □国際一貫輸送 □海外物流拠点運営 □二次輸送 □製品回収 □コールセンター(受注窓口業務) □決済・金融サービス □その他 □三国間輸送管理 □中間流通拠点運営 □中間流通拠点の調達輸送 □流通加工 □クロスドッキング ■3PL事業売上高の算出方法■組織 ■3PL事業の主要顧客および営業ターゲット ■業務領域 ■IT WMS   ネットワーク最適化 ■3PL事業売上高の推移 連結総 売上高 3PL事業 売 上 高名糖運輸123億円463億円2010年 (本誌推定) 3月期 製品名なし(自社開発) 配車エキスパート、VRP 3PL専門部署は設けていないが、営業本部が営業を担当 受注〜センター仕分け〜配送までを一貫して請け負っている業務 をピックアップ  06年3月期 約150億円、07年3月期150億円、08年3月期150億円、 09年3月期132億円、10年3月期122億7600万円、11年3月期125 億円(07年3月期以降は本誌推定、11年3月期は見込み) 乳飲料メーカー、加工食品メーカー、大手コンビニチェーン、大手量販店 ■アセット所有率 ・輸送 ・倉庫 ・庫内作業  主に自社で処理 10%未満 10%〜20%未満 20%〜30%未満 30%〜40%未満 40%〜50%未満 50%以上 20%未満 20%〜40%未満 40%〜60%未満 60%〜80%未満 80%以上 SEPTEMBER 2010  30 □ロジスティクス設計 □ロジスティクス改革・改善 □情報システム構築 □共同物流企画・運用 □環境対応強化 □メーカー調達輸送 □国際調達(輸入物流) □構内(生産)物流 □製造支援 □工場倉庫運用 □輸送梱包 □一次輸送 □輸出物流 □国際一貫輸送 □海外物流拠点運営 □二次輸送 □製品回収 □コールセンター(受注窓口業務) □決済・金融サービス □その他 □三国間輸送管理 □中間流通拠点運営 □中間流通拠点の調達輸送 □流通加工 □クロスドッキング ■3PL事業売上高の算出方法 ■組織■3PL事業の主要顧客および営業ターゲット ■業務領域 ■IT WMS TMS   Internet   その他 ■3PL事業売上高の推移 連結総 売上高 3PL事業 売 上 高丸全昭和運輸120億円812億円2010年 3月期 部署名 所属人数 MLPシステム(国内物流システム) MLPシステム(輸配送システム) MLPシステム(3PL情報センター) MLPシステム(海外物流システム) 営業本部営業企画部 24人 3PLサービスの商品売上高合計 06年3月期51億円、07年3月期140億円、08年3月期150億円、09年 3月期120億円、10年3月期120億円、11年3月期140億円(見込み) 大手石油化学系メーカー、オートパーツメーカー、原料素材メーカー、産 業機械メーカー、精密機器メーカー、アパレル関連メーカー、食品 ■アセット所有率 ・輸送 ・倉庫 ・庫内作業  主に作業子会社に委託 10%未満 10%〜20%未満 20%〜30%未満 30%〜40%未満 40%〜50%未満 50%以上 20%未満 20%〜40%未満 40%〜60%未満 60%〜80%未満 80%以上 □ロジスティクス設計 □ロジスティクス改革・改善 □情報システム構築 □共同物流企画・運用 □環境対応強化 □メーカー調達輸送 □国際調達(輸入物流) □構内(生産)物流 □製造支援 □工場倉庫運用 □輸送梱包 □一次輸送 □輸出物流 □国際一貫輸送 □海外物流拠点運営 □二次輸送 □製品回収 □コールセンター(受注窓口業務) □決済・金融サービス □その他 □三国間輸送管理 □中間流通拠点運営 □中間流通拠点の調達輸送 □流通加工 □クロスドッキング ■3PL事業売上高の算出方法 ■組織 ■3PL事業の主要顧客および営業ターゲット ■業務領域 ■IT WMS   Internet ■3PL事業売上高の推移 連結総 売上高 3PL事業 売 上 高富士物流120億円347 億円2010年 3月期 FBWMS 3PL専門部署は設けていないが、営業部が営業を担当 e-PARTS、e-DEMODAS、BIZTRUNK 物流サービスの複合形態 06年3月期130億円、07年3月期約140億円、08年3月期150億円、 09年3月期140億円、10年3月期120億円、11年3月期140億円 (見込み) 電機・電子・精密機器関連、通販関連、生活提案関連 ■アセット所有率 ・輸送 ・倉庫 ・庫内作業  主に作業子会社に委託 10%未満 10%〜20%未満 20%〜30%未満 30%〜40%未満 40%〜50%未満 50%以上 20%未満 20%〜40%未満 40%〜60%未満 60%〜80%未満 80%以上 □ロジスティクス設計 □ロジスティクス改革・改善 □情報システム構築 □共同物流企画・運用 □環境対応強化 □メーカー調達輸送 □国際調達(輸入物流) □構内(生産)物流 □製造支援 □工場倉庫運用 □輸送梱包 □一次輸送 □輸出物流 □国際一貫輸送 □海外物流拠点運営 □二次輸送 □製品回収 □コールセンター(受注窓口業務) □決済・金融サービス □その他 □三国間輸送管理 □中間流通拠点運営 □中間流通拠点の調達輸送 □流通加工 □クロスドッキング ■3PL事業売上高の算出方法 ■組織 ■3PL事業の主要顧客および営業ターゲット ■業務領域 ■IT WMS ■3PL事業売上高の推移 連結総 売上高 3PL事業 売 上 高バンテック115億円1136億円2010年 3月期 荷主との直接契約。
複数の物流業務を一括受託したもの。
主要取引先であ る日産自動車のほか引越・重量機工事業の売上高は除外 物流技術支援組織として物流技術部17人。
IT担当の情報システ ム部に39人。
営業活動は営業企画部、自動車物流事業本部、運 輸事業本部、国内流通事業本部の各営業部が担当 08年3月期174億円、09年3月期188億円、10年3月期115億円、11年3 月期133億円(見込み) 日用雑貨・食品・医療・自動車関連のメーカー、卸、小売、アパレル 家電量販店向けWMS、印刷会社向けWMS、陶器商社向け WMS、自動車物流プラットホームシステム等(すべて自社開発) 求貨求車システム、配車管理システム、GPS携帯電話を利用した車 両動態管理システム等(すべて自社開発) 自動車物流プラットホームシステム、引越システム(見積り依頼)、フ ァイル転送システム(路線業者向け実績情報)、書類保管システム (預り情報、出荷受付)等(すべて自社開発) 物流センター改善シミュレーションソフト(自社開発) ■アセット所有率 輸出梱包工程管理および通関システム(自社開発) ・輸送 ・倉庫 ・庫内作業  主に作業子会社に委託 10%未満 10%〜20%未満 20%〜30%未満 30%〜40%未満 40%〜50%未満 50%以上 20%未満 20%〜40%未満 40%〜60%未満 60%〜80%未満 80%以上 TMS Internet ネットワーク最適化 その他 特 集 3PL市場 2010 31  SEPTEMBER 2010 □ロジスティクス設計 □ロジスティクス改革・改善 □情報システム構築 □共同物流企画・運用 □環境対応強化 □メーカー調達輸送 □国際調達(輸入物流) □構内(生産)物流 □製造支援 □工場倉庫運用 □輸送梱包 □一次輸送 □輸出物流 □国際一貫輸送 □海外物流拠点運営 □二次輸送 □製品回収 □コールセンター(受注窓口業務) □決済・金融サービス □その他 □三国間輸送管理 □中間流通拠点運営 □中間流通拠点の調達輸送 □流通加工 □クロスドッキング ■3PL事業売上高の算出方法 ■組織部署名 所属人数 ■3PL事業の主要顧客および営業ターゲット ■業務領域 ■IT WMS TMS   Internet   ネットワーク最適化   ERP ■3PL事業売上高の推移 連結総 売上高 3PL事業 売 上 高三井倉庫105億円887億円2010年 3月期 GNS(自社開発) GNS(自社開発) ASPIRE(自社開発) CAST SAP ロジスティクスシステム事業部門 28人 3PLサービスの商品売上高合計 06年3月期89億400万円、07年3月期91億円、08年3月期100 億円、09年3月期102億円、10年3月期105億円、11年3月期108 億円(見込み) 大手化学品メーカー、紙パルプ商社、大手飲料メーカー、小売り(GMS、 ホームセンター)、医薬品メーカー、電機メーカー、大手日用品メーカー  □ロジスティクス設計 □ロジスティクス改革・改善 □情報システム構築 □共同物流企画・運用 □環境対応強化 □メーカー調達輸送 □国際調達(輸入物流) □構内(生産)物流 □製造支援 □工場倉庫運用 □輸送梱包 □一次輸送 □輸出物流 □国際一貫輸送 □海外物流拠点運営 □二次輸送 □製品回収 □コールセンター(受注窓口業務) □決済・金融サービス □その他 □三国間輸送管理 □中間流通拠点運営 □中間流通拠点の調達輸送 □流通加工 □クロスドッキング ■3PL事業売上高の算出方法 3PLサービスの商品売上高合計 ■3PL事業の主要顧客および営業ターゲット ■業務領域 ■IT WMS TMS Internet ネットワーク最適化 ERP その他 ■3PL事業売上高の推移 ■組織 連結総 売上高 3PL事業 売 上 高エヌ・ティ・ティ・ロジスコ103億円380億円2010年 3月期 08 年3月期105億円、09 年3月期約104億円、10 年3月期約 103 億円、11 年3月期約104億円(見込み) 3PL 専門部署は設けていないが、本社第一営業本部および 全国9支店の担当者が営業を担当 医療機器、通販、化粧品、雑貨、住宅建材、情報・通信、自動車部品、 家具 GLS?、?(現場倉庫管理システム)、Lomio(医療・化 粧品業界向けSaaS 型物流情報システム) LCS(輸送ルート最適化システム)、ADVIS(需要 予測システム) 在庫管理ソリューションシステム WebLMS(SaaS 型Web 物流管理システム) L-NET(経理・総務・営業管理システム) Lo-ti(s 新輸配送システム)、wide-t(r 広域輸送システム) ■アセット所有率・輸送 ・倉庫 ・庫内作業  主に作業子会社に委託 10%未満 10%〜20%未満 20%〜30%未満 30%〜40%未満 40%〜50%未満 50%以上 20%未満 20%〜40%未満 40%〜60%未満 60%〜80%未満 80%以上 ■アセット所有率・輸送 ・倉庫 ・庫内作業 主に作業子会社、外部の業務請負会社に委託 10%未満 10%〜20%未満 20%〜30%未満 30%〜40%未満 40%〜50%未満 50%以上 20%未満 20%〜40%未満 40%〜60%未満 60%〜80%未満 80%以上 □ロジスティクス設計 □ロジスティクス改革・改善 □情報システム構築 □共同物流企画・運用 □環境対応強化 □メーカー調達輸送 □国際調達(輸入物流) □構内(生産)物流 □製造支援 □工場倉庫運用 □輸送梱包 □一次輸送 □輸出物流 □国際一貫輸送 □海外物流拠点運営 □二次輸送 □製品回収 □コールセンター(受注窓口業務) □決済・金融サービス □その他 □三国間輸送管理 □中間流通拠点運営 □中間流通拠点の調達輸送 □流通加工 □クロスドッキング ■3PL事業売上高の算出方法■組織部署名 SCM事業部 所属人数 24人 ■3PL事業の主要顧客および営業ターゲット ■業務領域 ■IT WMS TMS   Internet ■3PL事業売上高の推移 連結総 売上高 3PL事業 売 上 高日本トランスシティ103億円764億円2010年 3月期 LINETS(在庫管理システム)など LIEVS(貨物追跡システム)など web在庫管理サービス 「倉庫業全体の売上高」のうち、物流加工および附帯作業の売上 高。
流通加工、物流センター運営等を含む 06年3月期約90億円、07年3月期約98億円、08年3月期106億 7800万円、09年3月期106億2400万円、10年3月期102億7500 万円、11年3月期101億6900万円(見込み) 輸入消費財、自動車部品、電気・機械メーカーなど ■アセット所有率 ・輸送 ・倉庫 ・庫内作業  主に作業子会社に委託 10%未満 10%〜20%未満 20%〜30%未満 30%〜40%未満 40%〜50%未満 50%以上 20%未満 20%〜40%未満 40%〜60%未満 60%〜80%未満 80%以上 SEPTEMBER 2010  32 □ロジスティクス設計 □ロジスティクス改革・改善 □情報システム構築 □共同物流企画・運用 □環境対応強化 □メーカー調達輸送 □国際調達(輸入物流) □構内(生産)物流 □製造支援 □工場倉庫運用 □輸送梱包 □一次輸送 □輸出物流 □国際一貫輸送 □海外物流拠点運営 □二次輸送 □製品回収 □コールセンター(受注窓口業務) □決済・金融サービス □その他 □三国間輸送管理 □中間流通拠点運営 □中間流通拠点の調達輸送 □流通加工 □クロスドッキング ■3PL事業売上高の算出方法 3PL専門部署の部門売上高■組織部署名 所属人数 ■3PL事業の主要顧客および営業ターゲット ■業務領域 ■IT WMS TMS ■3PL事業売上高の推移 連結総 売上高 3PL事業 売 上 高三菱化学物流71億円808億円2010年 3月期 自社開発 EPOCH ソリューション営業本部 51人 (すべて本誌推定) 06年3月期62億9700万円、07年3月期63億6000万円、08年3月期 86億7300万円、09年3月期65億円、10年3月期約71億円、11年3月 期約80億円(見込み) 樹脂加工メーカー、機械メーカー、化学品関連、医薬品関連 ■アセット所有率 ・輸送 ・倉庫 ・庫内作業  主に外部の業務請負会社に委託 10%未満 10%〜20%未満 20%〜30%未満 30%〜40%未満 40%〜50%未満 50%以上 20%未満 20%〜40%未満 40%〜60%未満 60%〜80%未満 80%以上 □ロジスティクス設計 □ロジスティクス改革・改善 □情報システム構築 □共同物流企画・運用 □環境対応強化 □メーカー調達輸送 □国際調達(輸入物流) □構内(生産)物流 □製造支援 □工場倉庫運用 □輸送梱包 □一次輸送 □輸出物流 □国際一貫輸送 □海外物流拠点運営 □二次輸送 □製品回収 □コールセンター(受注窓口業務) □決済・金融サービス □その他 □三国間輸送管理 □中間流通拠点運営 □中間流通拠点の調達輸送 □流通加工 □クロスドッキング ■3PL事業売上高の算出方法 ヒアリングと各種資料から本誌推定 ■組織 ■3PL事業の主要顧客および営業ターゲット ■業務領域 ■IT WMS TMS   Internet   ERP ■3PL事業売上高の推移 連結総 売上高 3PL事業 売 上 高新開トランスポートシステムズ85億円423億円2010年 3月期 Front-Line、Front-Engine CARAVAN Front-Line 3PL専門部署は設けていないが、営業戦略部門が営業を担当 CLOVER(SAP) 注:本誌17頁の「2009年度3PL売上高ランキング」の※3を参照 05年12月期60億円、06年12月期60億円、07年12月期65億円、 08年12月期75億円、09年12月期75億円、10年3月期85億円、11 年3月期90億円(見込み、すべて本誌推定) 通信機器や半導体製造装置等の精密機器メーカー全般、およびそれら の保守会社 (本誌推定) ■アセット所有率 ・輸送 ・倉庫 ・庫内作業  主に自社で処理 10%未満 10%〜20%未満 20%〜30%未満 30%〜40%未満 40%〜50%未満 50%以上 20%未満 20%〜40%未満 40%〜60%未満 60%〜80%未満 80%以上 □ロジスティクス設計 □ロジスティクス改革・改善 □情報システム構築 □共同物流企画・運用 □環境対応強化 □メーカー調達輸送 □国際調達(輸入物流) □構内(生産)物流 □製造支援 □工場倉庫運用 □輸送梱包 □一次輸送 □輸出物流 □国際一貫輸送 □海外物流拠点運営 □二次輸送 □製品回収 □コールセンター(受注窓口業務) □決済・金融サービス □その他 □三国間輸送管理 □中間流通拠点運営 □中間流通拠点の調達輸送 □流通加工 □クロスドッキング ■3PL事業売上高の算出方法 ■組織部署名 所属人数 ■3PL事業の主要顧客および営業ターゲット ■業務領域 ■IT WMS Internet ■3PL事業売上高の推移 ■アセット所有率 ・輸送 ・倉庫 ・庫内作業  主に外部の業務請負会社に委託 連結総 売上高 3PL事業 売 上 高伊藤忠ロジスティクス68億円420億円2010年 3月期 Wings21 ブランド名なし 営業開発部 他 24人 10%未満 10%〜20%未満 20%〜30%未満 30%〜40%未満 40%〜50%未満 50%以上 20%未満 20%〜40%未満 40%〜60%未満 60%〜80%未満 80%以上 物流センター事業の売上合計(国内自社分のみ、関連会社・海外現 法は除く 10年3月期68億2800万円、11年3月期115億円(見込み) 大手コンビニチェーン、大手衛材メーカー、大手医薬品メーカー 特 集 3PL市場 2010 33  SEPTEMBER 2010 □ロジスティクス設計 □ロジスティクス改革・改善 □情報システム構築 □共同物流企画・運用 □環境対応強化 □メーカー調達輸送 □国際調達(輸入物流) □構内(生産)物流 □製造支援 □工場倉庫運用 □輸送梱包 □一次輸送 □輸出物流 □国際一貫輸送 □海外物流拠点運営 □二次輸送 □製品回収 □コールセンター(受注窓口業務) □決済・金融サービス □その他 □三国間輸送管理 □中間流通拠点運営 □中間流通拠点の調達輸送 □流通加工 □クロスドッキング ■3PL事業売上高の算出方法 3PLサービスの商品売上高合計 ■組織部署名 所属人数 ■3PL事業の主要顧客および営業ターゲット ■業務領域 ■IT WMS TMS   Internet ■3PL事業売上高の推移 連結総 売上高 3PL事業 売 上 高商船三井ロジスティクス67億円326億円2010年 3月期 L'vis L'vis ロジスティクスソリューション部 L'vis 6人 06年3月期41億円、07年3月期44億円、08年3月期82億3700万円、 09年3月期73億1900万円、10年3月期67億2500万円、11年3月期 80億円(見込み) アパレルメーカー、流通、通販、輸送機器 □ロジスティクス設計 □ロジスティクス改革・改善 □情報システム構築 □共同物流企画・運用 □環境対応強化 □メーカー調達輸送 □国際調達(輸入物流) □構内(生産)物流 □製造支援 □工場倉庫運用 □輸送梱包 □一次輸送 □輸出物流 □国際一貫輸送 □海外物流拠点運営 □二次輸送 □製品回収 □コールセンター(受注窓口業務) □決済・金融サービス □その他 □三国間輸送管理 □中間流通拠点運営 □中間流通拠点の調達輸送 □流通加工 □クロスドッキング ■3PL事業売上高の算出方法 3PL専門部署の部門売上高 ■組織 ■3PL事業の主要顧客および営業ターゲット ■業務領域 ■IT WMS TMS   Internet ■3PL事業売上高の推移 3PL事業 売上高 (単体) 売 上 高キリン物流60億円793億円2009年 12月期 KLP(自社ブランド) 集中配車システム(自社ブランド) グループ/事業推進部、グループ外/営業部 KLP(自社ブランド) 06年12月期67億7800万円、07年12月期65億8300万円、08年 12月期65億8300万円、09年12月期59億9000万円、10年12月 期63億8000万円(見込み) 大手食品メーカー、大手酒類卸、中堅食品メーカー ■アセット所有率・輸送 ・倉庫 ・庫内作業 自社倉庫は自社で処理、外部倉庫は外部委託 10%未満 10%〜20%未満 20%〜30%未満 30%〜40%未満 40%〜50%未満 50%以上 20%未満 20%〜40%未満 40%〜60%未満 60%〜80%未満 80%以上 ■アセット所有率 ・輸送 ・倉庫 ・庫内作業  主に外部の業務請負会社に委託 10%未満 10%〜20%未満 20%〜30%未満 30%〜40%未満 40%〜50%未満 50%以上 20%未満 20%〜40%未満 40%〜60%未満 60%〜80%未満 80%以上 □ロジスティクス設計 □ロジスティクス改革・改善 □情報システム構築 □共同物流企画・運用 □環境対応強化 □メーカー調達輸送 □国際調達(輸入物流) □構内(生産)物流 □製造支援 □工場倉庫運用 □輸送梱包 □一次輸送 □輸出物流 □国際一貫輸送 □海外物流拠点運営 □二次輸送 □製品回収 □コールセンター(受注窓口業務) □決済・金融サービス □その他 □三国間輸送管理 □中間流通拠点運営 □中間流通拠点の調達輸送 □流通加工 □クロスドッキング ■3PL事業売上高の算出方法 ■組織部署名 所属人数 ■3PL事業の主要顧客および営業ターゲット ■業務領域 ■IT WMS TMS ■3PL事業売上高の推移 連結総 売上高 3PL事業 売 上 高富士ロジテック65億円172億円2009年 8月期 FENICS NEO・ACTION 物流企画室 8人 3PLサービスの商品売上高合計 05年8月期60億5400万円、06年8月期約68億円、07年8月期 74億円、08年8月期約75億円、09年8月期65億円 アパレル系、メディカル系、電機、自動車、精密機械。
外資系メーカーに も豊富な実績 ■アセット所有率 ・輸送 ・倉庫 ・庫内作業  主に自社で処理 10%未満 10%〜20%未満 20%〜30%未満 30%〜40%未満 40%〜50%未満 50%以上 20%未満 20%〜40%未満 40%〜60%未満 60%〜80%未満 80%以上 SEPTEMBER 2010  34 □ロジスティクス設計 □ロジスティクス改革・改善 □情報システム構築 □共同物流企画・運用 □環境対応強化 □メーカー調達輸送 □国際調達(輸入物流) □構内(生産)物流 □製造支援 □工場倉庫運用 □輸送梱包 □一次輸送 □輸出物流 □国際一貫輸送 □海外物流拠点運営 □二次輸送 □製品回収 □コールセンター(受注窓口業務) □決済・金融サービス □その他 □三国間輸送管理 □中間流通拠点運営 □中間流通拠点の調達輸送 □流通加工 □クロスドッキング ■3PL事業売上高の算出方法■3PL事業の主要顧客および営業ターゲット ■業務領域 ■IT WMS TMS Internet ■3PL事業売上高の推移 ■組織 連結総 売上高 3PL事業 売 上 高遠州トラック37億円187億円2010年 3月期 自社開発 自社開発 自社開発 3PLサービスの商品売上高合計 08 年3月期19 億円、09 年3月期30 億円、10 年3月期37億円、 11年3月期50 億円(見込み) 3PL 専門部署は設けていないが、営業部が営業を担当 大手繊維メーカー、大手製薬・飲料メーカー、中堅自動車部品メーカー、 大手工業系メーカー □ロジスティクス設計 □ロジスティクス改革・改善 □情報システム構築 □共同物流企画・運用 □環境対応強化 □メーカー調達輸送 □国際調達(輸入物流) □構内(生産)物流 □製造支援 □工場倉庫運用 □輸送梱包 □一次輸送 □輸出物流 □国際一貫輸送 □海外物流拠点運営 □二次輸送 □製品回収 □コールセンター(受注窓口業務) □決済・金融サービス □その他 □三国間輸送管理 □中間流通拠点運営 □中間流通拠点の調達輸送 □流通加工 □クロスドッキング ■3PL事業売上高の算出方法 
PLサービス商品の売上高合計■3PL事業の主要顧客および営業ターゲット ■業務領域 ■IT WMS TMS ■3PL事業売上高の推移 連結総 売上高 3PL事業 売 上 高丸協運輸57億円218億円2009年 3月期 自社開発 自社開発 1期前46 億9100万円、直近決算56 億6200万円、 計画59 億4500万円 食品飲料メーカー、家庭日用品メーカー、インテリアメーカー、医薬品 卸業、内装建材・電気設備販売業を主要顧客とし、ターゲットは一般 消費財メーカーおよび卸売業 ■組織部署名 所属人数 営業本部 5人 ■アセット所有率 ・輸送 ・倉庫 ・庫内作業  主に自社で処理 10%未満 10%〜20%未満 20%〜30%未満 30%〜40%未満 40%〜50%未満 50%以上 20%未満 20%〜40%未満 40%〜60%未満 60%〜80%未満 80%以上 ■アセット所有率 ・輸送 ・倉庫 ・庫内作業  主に外部の業務請負会社に委託 10%未満 10%〜20%未満 20%〜30%未満 30%〜40%未満 40%〜50%未満 50%以上 20%未満 20%〜40%未満 40%〜60%未満 60%〜80%未満 80%以上 □ロジスティクス設計 □ロジスティクス改革・改善 □情報システム構築 □共同物流企画・運用 □環境対応強化 □メーカー調達輸送 □国際調達(輸入物流) □構内(生産)物流 □製造支援 □工場倉庫運用 □輸送梱包 □一次輸送 □輸出物流 □国際一貫輸送 □海外物流拠点運営 □二次輸送 □製品回収 □コールセンター(受注窓口業務) □決済・金融サービス □その他 □三国間輸送管理 □中間流通拠点運営 □中間流通拠点の調達輸送 □流通加工 □クロスドッキング ■3PL事業売上高の算出方法■3PL事業の主要顧客および営業ターゲット ■業務領域 ■IT WMS TMS Internet ERP ■3PL事業売上高の推移 ■組織部署名 所属人数 連結総 売上高 3PL事業 売 上 高日新49億円1644億円2010年 3月期 MONO、マンハッタンWMS 輸配送、配車支援システム Web 在庫照会、GDBS SAP 3PLサービスの商品売上高合計(国内自社分のみ。
関連会社、 海外現法は除く) 08 年3月期70 億8400万円、09 年3月期61億5000万円、10 年3月期49 億3000万円、11年3月期56 億円(見込み) 大手食品メーカー、大手原材料メーカー、大手サービス産業、中堅流 通業者。
ターゲットとしては、食品、医療。
営業推進部3PL推進室 3人 ■アセット所有率 ・輸送 ・倉庫 ・庫内作業  主に作業子会社に委託 10%未満 10%〜20%未満 20%〜30%未満 30%〜40%未満 40%〜50%未満 50%以上 20%未満 20%〜40%未満 40%〜60%未満 60%〜80%未満 80%以上 特 集 3PL市場 2010 35  SEPTEMBER 2010 □ロジスティクス設計 □ロジスティクス改革・改善 □情報システム構築 □共同物流企画・運用 □環境対応強化 □メーカー調達輸送 □国際調達(輸入物流) □構内(生産)物流 □製造支援 □工場倉庫運用 □輸送梱包 □一次輸送 □輸出物流 □国際一貫輸送 □海外物流拠点運営 □二次輸送 □製品回収 □コールセンター(受注窓口業務) □決済・金融サービス □その他 □三国間輸送管理 □中間流通拠点運営 □中間流通拠点の調達輸送 □流通加工 □クロスドッキング ■3PL事業売上高の算出方法■組織 ■3PL事業の主要顧客および営業ターゲット ■業務領域 ■IT WMS   ERP ■3PL事業売上高の推移 連結総 売上高 3PL事業 売 上 高アサヒロジ29億円648億円2009年 12月期 部署名 営業部  所属人数 12人 自社開発ほか 自社開発ほか 3PLサービスの商品売上高合計 07年12月期7億7300万円、08年12月期17億円、09年12月期 29億3200万円、10年12月期29億9000万円(見込み) 酒類メーカー、飲料メーカー、加工食品メーカー ■アセット所有率 ・輸送 ・倉庫 ・庫内作業 管理は主に自社で処理。
リフト・作業員等は、社員または協力会社から派遣受入。
一部の拠点で作業を外部へ委託 10%未満 10%〜20%未満 20%〜30%未満 30%〜40%未満 40%〜50%未満 50%以上 20%未満 20%〜40%未満 40%〜60%未満 60%〜80%未満 80%以上 ■IT WMS TMS Internet ■組織 □ロジスティクス設計 □ロジスティクス改革・改善 □情報システム構築 □共同物流企画・運用 □環境対応強化 □メーカー調達輸送 □国際調達(輸入物流) □構内(生産)物流 □製造支援 □工場倉庫運用 □輸送梱包 □一次輸送 □輸出物流 □国際一貫輸送 □海外物流拠点運営 □二次輸送 □製品回収 □コールセンター(受注窓口業務) □決済・金融サービス □その他 □三国間輸送管理 □中間流通拠点運営 □中間流通拠点の調達輸送 □流通加工 □クロスドッキング ■3PL事業売上高の算出方法■3PL事業の主要顧客および営業ターゲット ■業務領域 ■3PL事業売上高の推移 ■アセット所有率 ・輸送 ・倉庫 ・庫内作業  主に自社で処理 連結総 売上高 3PL事業 売 上 高南日本運輸倉庫28億円253億円2009年 8月期 3PL専門部署は設けていない 10%未満 10%〜20%未満 20%〜30%未満 30%〜40%未満 40%〜50%未満 50%以上 20%未満 20%〜40%未満 40%〜60%未満 60%〜80%未満 80%以上 ムラタシステムズを採用 エースネットワーク「NDC」 自社でのシステム構築も検討中 3PLサービスの商品売上高合計。
直接外食と取引していて、ある程 度センターを構えている分のみ。
卸は含まず 09年8月期28億円、10年8月期30億円(見込み) 外食のリテーラー ■組織部署名 所属人数 □ロジスティクス設計 □ロジスティクス改革・改善 □情報システム構築 □共同物流企画・運用 □環境対応強化 □メーカー調達輸送 □国際調達(輸入物流) □構内(生産)物流 □製造支援 □工場倉庫運用 □輸送梱包 □一次輸送 □輸出物流 □国際一貫輸送 □海外物流拠点運営 □二次輸送 □製品回収 □コールセンター(受注窓口業務) □決済・金融サービス □その他 □三国間輸送管理 □中間流通拠点運営 □中間流通拠点の調達輸送 □流通加工 □クロスドッキング ■3PL事業売上高の算出方法■3PL事業の主要顧客および営業ターゲット ■業務領域 ■IT WMS ■3PL事業売上高の推移 ■アセット所有率 ・輸送 ・倉庫 ・庫内作業  自社、外部委託半々 連結総 売上高 3PL事業 売 上 高アサガミ15億円445億円2010年 3月期 ホワイト・トランスポート 33人 10%未満 10%〜20%未満 20%〜30%未満 30%〜40%未満 40%〜50%未満 50%以上 20%未満 20%〜40%未満 40%〜60%未満 60%〜80%未満 80%以上 3PL専門部署の部門売上高 10年3月期15億2100万円、11年3月期13億7000万円(見込み)  大手間仕切メーカー SEPTEMBER 2010  36 □ロジスティクス設計 □ロジスティクス改革・改善 □情報システム構築 □共同物流企画・運用 □環境対応強化 □メーカー調達輸送 □国際調達(輸入物流) □構内(生産)物流 □製造支援 □工場倉庫運用 □輸送梱包 □一次輸送 □輸出物流 □国際一貫輸送 □海外物流拠点運営 □二次輸送 □製品回収 □コールセンター(受注窓口業務) □決済・金融サービス □その他 □三国間輸送管理 □中間流通拠点運営 □中間流通拠点の調達輸送 □流通加工 □クロスドッキング ■3PL事業売上高の算出方法■3PL事業の主要顧客および営業ターゲット ■業務領域 ■IT WMS TMS ■3PL事業売上高の推移 ■組織部署名 連結総 売上高 3PL事業 売 上 高名港海運9億円472億円2010年 3月期 MDS(自社開発) ATMS(自社開発) ヒアリングと各種資料から本誌推定 08 年3月期7億6500万円、09 年3月期7億200万円、10 年3月 期9億500万円(本誌推定) 事務機器メーカー、および自動車部品メーカー等 3PL専門部署は設けていないが、営業各部署が担当 (本誌推定) ■アセット所有率 ・輸送 ・倉庫 ・庫内作業  主に自社で処理 10%未満 10%〜20%未満 20%〜30%未満 30%〜40%未満 40%〜50%未満 50%以上 20%未満 20%〜40%未満 40%〜60%未満 60%〜80%未満 80%以上 ■IT WMS TMS   Internet   ERP その他 □ロジスティクス設計 □ロジスティクス改革・改善 □情報システム構築 □共同物流企画・運用 □環境対応強化 □メーカー調達輸送 □国際調達(輸入物流) □構内(生産)物流 □製造支援 □工場倉庫運用 □輸送梱包 □一次輸送 □輸出物流 □国際一貫輸送 □海外物流拠点運営 □二次輸送 □製品回収 □コールセンター(受注窓口業務) □決済・金融サービス □その他 □三国間輸送管理 □中間流通拠点運営 □中間流通拠点の調達輸送 □流通加工 □クロスドッキング ■3PL事業売上高の算出方法 ロジスティックス部門売上 ■組織 ■3PL事業の主要顧客および営業ターゲット ■業務領域 ■3PL事業売上高の推移 連結総 売上高 3PL事業 売 上 高NYKロジスティックスジャパン13億円101億円2010年 3月期 WM FOR WINDOWS 製品名なし NEXT(内製) CAST、PARAGON 製品名なし ロジスティックス部門が3PLを担当 06年3月期20億円、07年3月期26億円、08年3月期38億円、09 年3月期23億2500万円、10年3月期13億1200万円、11年3月期 15億円 ※:本誌17頁「2009年度3PL売上高ランキング」の※5を参照 自動車メーカー(日系・外資系)、化学品メーカー、アパレルメーカー、日 用品メーカー、食料品メーカー ■アセット所有率 ・輸送 ・倉庫 ・庫内作業  主に外部の業務請負会社に委託 10%未満 10%〜20%未満 20%〜30%未満 30%〜40%未満 40%〜50%未満 50%以上 20%未満 20%〜40%未満 40%〜60%未満 60%〜80%未満 80%以上 □ロジスティクス設計 □ロジスティクス改革・改善 □情報システム構築 □共同物流企画・運用 □環境対応強化 □メーカー調達輸送 □国際調達(輸入物流) □構内(生産)物流 □製造支援 □工場倉庫運用 □輸送梱包 □一次輸送 □輸出物流 □国際一貫輸送 □海外物流拠点運営 □二次輸送 □製品回収 □コールセンター(受注窓口業務) □決済・金融サービス □その他 □三国間輸送管理 □中間流通拠点運営 □中間流通拠点の調達輸送 □流通加工 □クロスドッキング ■3PL事業売上高の算出方法■3PL事業の主要顧客および営業ターゲット ■業務領域 ■IT WMS Internet ■3PL事業売上高の推移 ■組織部署名 営業開発部  所属人数 3人 連結総 売上高 3PL事業 売 上 高JFE物流10億円1732億円2010年 3月期 自社開発システム(当該センター向け) 自社開発システム(当該センター向け) 受託した物流センターごとに、3PLサービス内容であったかどうか を判断 06年3月期16億3000万円、07年3月期17億1100万円、08年3月期 17億3000万円、09年3月期16億円、10年3月期10億300万円、11 年3月期10億300万円(見込み) 自動車関連用品専門店、飲食料品メーカー、鋼材卸、メーカー・卸・専 門店全般(食品、飲料、酒類、自動車部品、化粧品、医療機器、空調機 器、衣料、電器パソコン関連機器、健康食品関連、通販、家電量販、精 密機器、玩具類等)、鋼材・建設機械・建設材料流通関連 ■アセット所有率 ・輸送 ・倉庫 ・庫内作業  主に外部の業務請負会社に委託 10%未満 10%〜20%未満 20%〜30%未満 30%〜40%未満 40%〜50%未満 50%以上 20%未満 20%〜40%未満 40%〜60%未満 60%〜80%未満 80%以上 特 集 3PL市場 2010 37  SEPTEMBER 2010 □ロジスティクス設計 □ロジスティクス改革・改善 □情報システム構築 □共同物流企画・運用 □環境対応強化 □メーカー調達輸送 □国際調達(輸入物流) □構内(生産)物流 □製造支援 □工場倉庫運用 □輸送梱包 □一次輸送 □輸出物流 □国際一貫輸送 □海外物流拠点運営 □二次輸送 □製品回収 □コールセンター(受注窓口業務) □決済・金融サービス □その他 □三国間輸送管理 □中間流通拠点運営 □中間流通拠点の調達輸送 □流通加工 □クロスドッキング ■3PL事業売上高の算出方法■3PL事業の主要顧客および営業ターゲット ■業務領域 ■IT WMS TMS Internet ■3PL事業売上高の推移 ■組織 3PL事業 売上高 売 上 高安川ロジステック5億円112億円(単体) 2010年 3月期 YL-VAN、ロケーション管理システム YL-VAN YL-VAN on web 3PLサービスの商品売上高合計 08年3月期6億500万円、09年3月期6億3900万円、10年3月期5 億400万円、11年3月期6億3000万円(見込み) 電機関連部品メーカー、製造メーカー、電機製品製造業、機械部品製 造業 3PL 専門部署は設けていないが、各営業部が営業を担当 □ロジスティクス設計 □ロジスティクス改革・改善 □情報システム構築 □共同物流企画・運用 □環境対応強化 □メーカー調達輸送 □国際調達(輸入物流) □構内(生産)物流 □製造支援 □工場倉庫運用 □輸送梱包 □一次輸送 □輸出物流 □国際一貫輸送 □海外物流拠点運営 □二次輸送 □製品回収 □コールセンター(受注窓口業務) □決済・金融サービス □その他 □三国間輸送管理 □中間流通拠点運営 □中間流通拠点の調達輸送 □流通加工 □クロスドッキング ■3PL事業売上高の算出方法 ■組織部署名 所属人数 ■3PL事業の主要顧客および営業ターゲット ■業務領域 ■IT WMS TMS その他 ■3PL事業売上高の推移 連結総 売上高 3PL事業 売 上 高東海運6億円353億円2010年 3月期 MIWS21(Mitsubishi Intelligent Warehousing System) MESH(Mitsubishi Efficient and Speedy Handling System) A/T保管自動倉庫システム(VP94) 国内営業部、営業企画部 計11人 物流改善の提案営業による複数の物流形態を経たトータル物流 受託 08年3月期9億7800万円、09年3月期6億5200万円、10年3月期 6億1900万円、11年3月期6億2400万円(見込み) 外資系大手飲料メーカー、大手自動車部品メーカー、食品メーカー(原 料の調達物流を含む)、食品商社 ■アセット所有率 ・輸送 ・倉庫 ・庫内作業  主に外部の業務請負会社に委託 10%未満 10%〜20%未満 20%〜30%未満 30%〜40%未満 40%〜50%未満 50%以上 20%未満 20%〜40%未満 40%〜60%未満 60%〜80%未満 80%以上 ■アセット所有率 ・輸送 ・倉庫 ・庫内作業  主に作業子会社に委託 10%未満 10%〜20%未満 20%〜30%未満 30%〜40%未満 40%〜50%未満 50%以上 20%未満 20%〜40%未満 40%〜60%未満 60%〜80%未満 80%以上 ■組織部署名 所属人数 □ロジスティクス設計 □ロジスティクス改革・改善 □情報システム構築 □共同物流企画・運用 □環境対応強化 □メーカー調達輸送 □国際調達(輸入物流) □構内(生産)物流 □製造支援 □工場倉庫運用 □輸送梱包 □一次輸送 □輸出物流 □国際一貫輸送 □海外物流拠点運営 □二次輸送 □製品回収 □コールセンター(受注窓口業務) □決済・金融サービス □その他 □三国間輸送管理 □中間流通拠点運営 □中間流通拠点の調達輸送 □流通加工 □クロスドッキング ■3PL事業売上高の算出方法■3PL事業の主要顧客および営業ターゲット ■業務領域 ■IT WMS ■3PL事業売上高の推移 ■アセット所有率 ・輸送 ・倉庫 ・庫内作業  主に自社で処理 連結総 売上高 3PL事業 売 上 高AITソリューションズ1億円3億円2010年 2月期 ロジスティクスソリューション部 5人 10%未満 10%〜20%未満 20%〜30%未満 30%〜40%未満 40%〜50%未満 50%以上 20%未満 20%〜40%未満 40%〜60%未満 60%〜80%未満 80%以上 顧客システム&自社開発 3PL専門部署の部門売上高 10年2月期1億2000万円、11年2月期3億4500万円(見込み) 大手食品卸、中堅雑貨卸、新興婦人靴卸、雑貨およびアパレル関連商 品卸

購読案内広告案内