ロジビズ :月刊ロジスティックビジネス
ロジスティクス・ビジネスはロジスティクス業界の専門雑誌です。
2012年4号
特集
実勢トラック運賃第1部 速報! 2012 年春の運賃相場

*下記はPDFよりテキストを抽出したデータです。閲覧はPDFをご覧下さい。

一一四社の支払い運賃を分析  このたび本誌は支払いトラック運賃の実態調査 を行った。
今年一月末に本誌読者および関係者を中 心とする約二〇〇〇社にアンケート用紙を送付、一 一四社の有効回答を得た。
(詳細は十三頁「調査の 方法」参照)その結果、今春の支払い運賃の実勢相 場は前回調査の二〇一〇年春時点から、ほとんど変 わっていないことが明らかになった。
 この間、市場は東日本大震災による物流の混乱を 経験し、足元では燃料の大幅な値上がりに直面して いる。
軽油の大口取引価格は昨年一〇月の一リット ル当たり九〇円台前半を底に上昇に転じ、今年三月 現在一一〇円台で推移している。
約二割の値上がり だ。
しかし、運送会社は燃料費の高騰を運賃に転嫁 できていない。
 軽油価格が一リットル当たり一四〇円前後の史 上最高値を記録した〇八年春には、トラック燃料の 上昇分を運賃とは別建てで荷主から徴収する燃料 サーチャージ制度の導入が、国土交通省の主導に よって進められた。
しかし、その直後にリーマン ショックが発生し、燃料費が値下がりに転じたこと もあり、普及には至っていない。
 全日本トラック協会が今年三月に発表した二〇 一〇年三月期決算版の「経営分析報告書」によると、 トラック運送事業者の売り上げは五期連続で減少 し、全体の五八%が営業赤字に陥っている。
赤字は 四期連続で、一一年三月期はさらに悪化する可能性 が高い。
燃料費の高騰がこれに追い打ちをかければ 大量の脱落者を生む恐れがある。
 既に国内のトラック運送事業者数は〇七年度末 の六万三一二二社をピークに減少に転じている。
こ APRIL 2012  10  今春のトラック運賃相場を本誌が独自に調査した。
2010 年春の前回調査と比べると全体のトレンドとしては横ばい で、震災の影響はほとんど見られない。
この半年の燃料費 上昇分は運送会社が負担している格好だ。
ただし、地域別、 車種別の動きには、それぞれの需給環境が表れている。
220011221 速報! 2012 年春の運賃相場 れと平行して営業用貨物自動車の保有台数も減っ てきた。
運送市場の供給過剰は徐々に修正に向かっ ている。
今後、荷動きが大きく好転するような局面 を迎えた時には運賃相場が一気に跳ね上がる可能 性も否定はできない。
しかし、現時点では、いまだ 買い手側が圧倒的優位に立っている。
   特積み(路線便)運賃   ──ほぼリーマン前の水準に  特積み(路線便)運賃は、旧運輸省が一九九九年 まで数年置きに公示していた「標準運賃表(タリ フ)」が今も基準として広く使用されている。
それぞ れの公示時期をとって「昭和/平成〇〇年タリフ」 の「上限(基準運賃のプラス一〇%、平成一一年タ リフのみプラス二〇%)」・「基準」・「下限(上限と 同じ)」という言い方をする。
 現在は「昭和六〇年タリフ」と「平成一一年タリ フ」に、使用タリフが二極化している。
この傾向は 前回調査と同じだが、「平成一一年タリフ」の利用 率が上昇している。
指数としてはリーマンショック 前と、ほぼ同じ水準を取り戻した格好だ。
宅配便大 手に牽引されるかたちで路線便業界に極端な低運 賃を是正する動きが広がっている。
  時間制運賃   ──二トン車が大きく値上がり  時間制運賃は、ルート配送や納品先で据え付け作 業が発生する輸送など、距離では作業負荷を測るこ とが難しい貸切輸送に主に適用される。
運賃は「使 用車両」×「使用時間」で計算する。
うち使用時間 は「一日八時間」と「半日四時間」が基本となって いる。
11  APRIL 2012 図1 現在採用している特積み運賃タリフ図2 特積み運賃のH11届け出タリフを    100とした時の指数の推移 図3 平成24年度調査 地区別実勢運賃(1日8時間稼働) H22年調査H24年調査 2t車 4t車 10t車 15t車 日当運賃 稼働日数 月当運賃 日当運賃 稼働日数 月当運賃 日当運賃 稼働日数 月当運賃 日当運賃 稼働日数 月当運賃 車種 項目 東京 大阪 名古屋 3地区平均 25,708.0 26,305.8 26,762.8 26,120.1 23.1 23.5 22.8 23.1 570,039.7 600,925.0 580,745.0 580,437.3 27,597.3 30,412.0 27,446.6 28,362.8 23.6 23.7 22.3 23.3 652,342.5 665,375.0 576,647.0 638,155.5 37,286.9 43,891.0 37,675.9 39,007.5 23.1 22.6 22.8 22.9 784,947.3 844,040.0 811,552.3 806,343.6 46,986.0 43,316.0 39,021.4 42,511.2 22.3 21.6 21.8 21.8 1,085,040.3 898,533.3 792,340.0 941,278.1 特積み運賃 時間制運賃 45,000 40,000 35,000 30,000 25,000 20,000 15,000 10,000 5,000 0 S60 S63 H6 H10 H13 H16 H20 H22 H24 図4 車種別8時間制運賃の推移(全国平均) (円) 2トン車 4トン車 10トン車 50 40 30 20 10 0 95 90 85 80 75 70 上限 基準 下限 S55 S57 S60 H2 H6 H11 S63 H6 H10 H13 H16 H20 H22 H24 50 40 30 20 10 0 上限 基準 下限 S55 S57 S60 H2 H6 H11 76.04 87.94 87.86 86.04 86.99 90.55 90.04 90.41  今回の調査では二トン車の運賃が大きく値上が りした。
その結果、四トン車との価格差が縮小して いる。
車両の取り回しが比較的容易な二トン車のド ライバーには従来から未経験者が多く起用されて きた。
しかし、今は失業率が高止まりしているにも 拘わらず、募集をかけても人が集まらない。
労働条 件に待遇が見合わない職種とみなされ、敬遠される 傾向にある。
 とりわけ東京・名古屋・大阪の三大都市圏ではド ライバーの人手不足が深刻化し、需給が逼迫してき た。
地方では一日八時間制で二万円を切るような極 端な低運賃もいまだに横行しているが、都市部の二 トン車運賃は当面、底堅く推移しそうだ。
 距離制運賃   ──東京は上昇、名古屋は下落  貸切輸送の運賃体系として最も広く使用されて いるのが距離制運賃だ。
「使用車両」×「輸送距離 (キロ程)」でベース運賃が決まる。
旧運輸省タリフ では、休日・深夜・早朝などの割増率や、三カ月以 上の長期契約や往復貨物を対象とする割引率が設 定されており、これをベース運賃に乗じて計算する。
 今回の調査では、利用頻度の高い東京発・大阪行 きの一〇トン車の片道運賃は、七万六一九三円で 前回調査の七万九一一七円から三・七%下落した。
バックデータから地域別にトレンドを見ると、東京 地区が値上がり、名古屋地区が値下がり、大阪地区 が横ばいという結果となっている。
 名古屋の運賃は、リーマンショック前までは東京 を上回る水準にあった。
しかし、自動車産業に急ブ レーキがかったことで大幅な下落に転じ、今も値下 がりに歯止めがかからない状態だ。
大阪の運賃は東 APRIL 2012  12 20km 50 100 150 200 300 400 500 東京→大阪 〃←〃 東京・大阪往復 東京→名古屋 〃←〃 東京・名古屋往復 20km 50 100 150 200 300 400 500 東京→大阪 〃←〃 東京・大阪往復 東京→名古屋 〃←〃 東京・名古屋往復 車種 S60 S63 H6 H10 H13 H16 H20 H22 H24 2t車 4t車 距離帯 (円) 距離制運賃 《普通車(有効回答平均値)》 2t車、4t車 8,787 10,157 11,468 10,214 9,419 10,509 11,244 10,350 11,470 12,134 13,412 15,162 14,442 13,577 14,315 14,664 14,023 15,057 17,758 19,158 21,948 21,009 19,768 20,207 20,161 19,699 20,085 21,254 23,400 26,663 25,794 24,451 24,304 23,827 23,220 23,125 24,893 27,110 31,837 30,549 28,554 28,882 27,581 26,998 27,565 31,385 34,767 41,742 38,257 36,474 35,734 34,266 33,458 33,958 36,974 41,125 52,432 46,992 45,067 42,853 41,144 40,702 41,396 43,641 48,220 59,584 54,528 52,682 49,587 47,996 49,075 48,122 40,700 55,904 65,380 54,539 55,353 47,866 41,798 52,112 54,417 33,932 51,560 64,156 54,367 52,875 45,513 47,592 52,232 53,536 93,060 93,458 109,064 93,118 96,480 82,701 81,641 89,652 92,146 41,056 51,729 45,680 42,986 40,706 38,134 40,419 40,894 38,239 45,842 43,357 40,758 39,756 39,898 40,494 41,221 69,220 91,300 69,471 66,910 72,008 68,644 65,497 68,755 10,547 11,786 13,640 13,206 11,851 12,381 14,473 13,811 13,561 14,633 16,013 18,110 17,873 16,932 16,886 17,939 17,898 17,973 21,665 22,666 25,831 24,609 24,194 23,688 23,926 24,126 23,827 25,936 26,706 31,084 29,849 28,853 27,993 28,360 28,349 27,975 30,381 31,085 36,688 35,539 33,302 33,358 32,065 33,175 32,838 38,409 39,223 46,531 43,700 40,968 40,319 40,324 40,781 40,981 45,972 47,082 56,639 52,541 49,990 48,599 47,966 48,145 49,424 54,761 55,247 64,314 61,594 58,859 55,894 56,231 57,204 57,122 55,840 60,678 65,839 67,348 61,443 61,901 60,058 58,918 57,961 56,104 60,673 65,414 66,873 60,223 61,832 62,781 60,172 58,715 105,064 114,140 117,599 113,585 115,955 110,642 109,499 105,246 100,692 39,570 45,566 51,649 50,992 50,293 49,910 45,392 45,955 47,755 43,770 45,413 49,764 49,582 48,969 49,335 47,983 46,275 44,906 75,495 83,293 94,750 80,128 80,202 89,790 81,092 77,899 76,194 京・名古屋よりも安い水準に張り付いたまま長期間 にわたって低迷している。
相対的に東京の堅調さが 目立っている。
その結果、同じ東京= 地方間の輸送 でも、帰り荷を見つけやすい地方発の運賃は東京発 より安値に抑えられている。
調査の方法  今年一月末に本誌読者および関係者を中心とす る約二〇〇〇社に支払いトラック運賃に関するア ンケート用紙を送付、同時に本誌ホームページに窓 口を設置して回答への協力を呼びかけ、計一一四社 の有効回答を得た。
回答者属性は左図の通り。
 同調査は、物流コンサルティング会社のカサイ 経営(河西健次代表の逝去に伴い二〇〇六年に解 散)が一九八〇年に開始したトラック実勢運賃調査 を引き継いだもので、調査結果の分析には、ロジス ティクス・サポート&パートナーズ(LOGI─
P)の全面的な支援を得ている。
 同調査はこれまでに、八五年、八八年、九四年、 九八年、二〇〇一年、〇四年、〇八年、一〇年、今 回一二年の計九回実施しており、このうち本誌とL OGI─
咤个砲茲訥敢困郎2鵑濃暗挂椶箸覆襦
13  APRIL 2012 20km 50 100 150 200 300 400 500 東京→大阪 〃←〃 東京・大阪往復 東京→名古屋 〃←〃 東京・名古屋往復 20km 50 100 150 200 300 400 500 東京→大阪 〃←〃 東京・大阪往復 東京→名古屋 〃←〃 東京・名古屋往復 車種 S60 S63 H6 H10 H13 H16 H20 H22 H24 10t車 15t車 距離帯 (円) 17,706 16,434 19,389 19,389 17,797 17,629 21,004 19,457 19,142 23,857 22,673 26,209 26,866 24,084 23,685 26,043 25,107 25,867 34,073 32,758 37,705 36,993 33,832 32,830 33,723 33,721 33,704 39,921 39,676 45,796 43,525 39,800 38,652 39,933 39,925 39,843 46,920 46,604 53,571 51,690 46,469 46,326 45,526 46,005 46,332 59,130 58,384 67,204 63,121 58,243 56,867 56,288 57,311 58,142 71,551 70,235 80,864 74,712 69,859 66,690 67,333 68,791 68,958 83,931 85,808 94,061 88,111 81,138 77,345 79,141 79,549 80,454 81,412 86,462 89,772 84,754 81,924 77,665 81,711 79,117 76,193 81,008 87,389 93,508 86,465 82,382 75,133 80,391 78,982 76,030 157,987 159,694 159,569 148,533 159,323 139,925 143,071 140,678 135,121 63,302 61,791 70,713 68,136 65,847 63,123 62,620 63,182 65,863 67,102 67,618 70,963 67,716 64,053 60,886 63,344 63,127 61,060 118,075 118,573 126,982 107,455 105,716 114,253 113,074 108,992 107,222 17,793 19,651 22,939 20,552 20,221 25,675 27,567 28,820 27,290 28,835 36,663 38,422 38,490 37,608 38,364 44,408 45,681 45,165 45,129 45,698 52,400 56,482 52,981 53,222 53,473 64,255 66,792 64,967 65,015 67,442 76,816 78,373 77,064 77,402 82,759 88,966 89,796 89,343 89,894 94,443 96,005 88,140 86,165 89,028 82,766 90,650 86,615 89,976 92,678 82,332 175,400 162,507 159,975 159,047 150,286 79,210 72,986 68,840 71,968 68,799 74,200 73,271 69,800 74,082 67,000 128,920 134,944 127,418 123,100 118,312 距離制運賃 《普通車(有効回答平均値)》 10t車、15t車 運輸業 24.6% 素材型 製造業 6.1% 加工型 製造業 商業 43.0% 26.3% 回答者属性(N=114) 特集

購読案内広告案内