ロジビズ :月刊ロジスティックビジネス
ロジスティクス・ビジネスはロジスティクス業界の専門雑誌です。
2012年9号
ARC
堅調に拡大を続ける倉庫管理システム市場

*下記はPDFよりテキストを抽出したデータです。閲覧はPDFをご覧下さい。

97  SEPTEMBER 2012  本コーナーでは米国の大手調査会社、ARC アドバイザリーグループの市場報告書について 紹介している。
今回は輸送管理システムについ てのレポートを取り上げる。
堅調に拡大を続ける倉庫管理システム市場  二〇一一年、WMS(倉庫管理システム) の世界市場は年率一〇%以上の伸びを示し た。
成熟市場と新興市場、いずれのセグメン トにおいても幅広い分野で成長している。
成 熟市場の伸びは、景気後退期の買い控えか らの反動による特需が依然として続いてい るものと考えられる。
ARCの「倉庫管理 システムの世界市場動向調査( Warehouse M a n a g e m e n t S y s t e m s W o r l d w i d e Outlook)」の著者で、エンタープライズソフ トウエア・アナリストであるクリント・ライ ザーは次のように語る。
「今後を予測すると、 景気後退期にペンディングになっていた分の 需要効果は失せつつあるが、長いスパンで見 れば、ユーザーの導入件数増大と技術革新が WMS市場の成長を支えるものと見ている。
新興市場開拓、新機能開発、エンドユーザー の業種の拡がりなどが市場を引っ張っていく ことを期待している」 WMSの機能拡張モジュール  労務管理システムや倉庫内分析システムと いったWMSの拡張機能が、目を見張るよう なペースで売上を伸ばしている。
現時点でも 多くのWMSサプライヤーが多様なアドオン を提供しているし、そうでないサプライヤー も自社のソリューションメニューの幅を拡げ るべく新機能を開発中である。
こうしたアド オン・ソリューションを提供するサプライヤ ーの数が増えることで、ベースとなるシステ ムを導入したそれぞれの顧客にクロスセリン グ(関連するモノやサービスを追加販売する こと)する機会が増加する。
逆に顧客から すれば、導入したサプライヤーからアドオン を追加購入するという選択肢が得られるとい うことでもある。
ARCでは、機能拡張モ ジュールの売上は平均以上の成長を遂げると 予測している。
なぜなら、より多くのサプラ イヤーがアドオンの追加オプションを用意し て製品群の幅を拡げれば、顧客は一層こうし たソリューションを採用するようになると考 えられるからである。
eコマースの普及が需要を喚起  
絅灰沺璽垢良甬擇犯力の多様化により、 WMSのソリューションと機能への要求水準 が高まっている。
eコマースのフルフィルメ ントには高度な労働力が必要とされるため、 ピースピッキング、梱包、ラベリング、その 他プロセスなどを従来とは変えてゆかねばな らない。
それへの対応を求められるというわ けだ。
このeコマースに由来する要求水準向 上が、小売業者や製造直販を行っている企 業に効率的な配送を提供するという新たな商 機を産み出すことにつながっている。
(年) ©2012 ARC Advisory Group WMSの世界市場 2011 2012 2013 2014 2015 2016

購読案内広告案内