ロジビズ :月刊ロジスティックビジネス
ロジスティクス・ビジネスはロジスティクス業界の専門雑誌です。
2012年3号
ケース
三井倉庫 新サービス 中国のネット通販に必要な全機能を提供現地の小売免許を取得し商社機能も整備

*下記はPDFよりテキストを抽出したデータです。閲覧はPDFをご覧下さい。

MARCH 2012  46 外資の参入はハードルが高い  三井倉庫は二〇〇二年に香港の子会社の全 額出資で上海外高橋保税区に「三運物流(上 海)有限公司」を設立し、中国市場に本格 的に進出した。
華北・華東・華南地区沿岸 部の十五都市にグループで営業拠点を展開し、 上海や深圳、天津など九カ所の倉庫を自社で 運営している。
香港を含む中国エリアの総保 管面積は八万七〇〇〇平方メートルに上る。
 中国での事業展開はこれまで輸出に絡んだ 物流業務がメーンだった。
現地の日系企業が 中国各地のベンダーから調達した商品をコン テナに混載し、日本やアジアの仕向け地の倉 庫まで直送するバイヤーズコンソリデーション や、上海外高橋保税物流園区の優遇税制を 利用して、原料の一次加工から完成品の輸出 までの時間とコストを削減するサービスなど、 特徴あるサービスを提供してきた。
 だが昨今、中国は急速な経済成長を背景に ?世界の工場?から?世界の市場?へと、その 位置付けを変えようとしている。
これに伴い 中国国内の販売に本腰を入れる日系荷主が増 えている。
その動きを捉えて三井倉庫も、上 海や深圳地区に国内物流向けの配送センター を新設するなど対応を進めてきた。
 ただし保管と配送業務を提供するだけの従 来型のサービスでは、現地の物流事業者との 差別化は難しい。
とりわけトラック輸送は価 格競争が熾烈で、コンプライアンスを重視す る日系の物流会社が現地企業と同じ土俵で競 争してもなかなか勝ち目はない。
このため二 年半ほど前から、三井倉庫で新規事業開拓を 担当するロジスティクスシステム部が中心とな り、中国の国内物流市場で競争力を発揮でき るビジネスモデルを模索してきた。
 同社が着目したのは中国で成長著しいネッ ト通販市場だ。
中国のインターネット人口は 昨年、五億人を突破した(中国ネットワーク 情報センター調べ)。
ネット通販市場も急成 長を遂げ、米国に次ぐ取引規模になっている。
今後も継続的な成長が見込まれ、日本を始め 海外の企業から熱い視線が注がれている。
 だが、外資系企業が中国のネット通販市場 に参入するのは容易でない。
受注から納品、 決済までのフルフィルメント機能を現地に構 築しなければならないことに加え、ECサイ ト上の商品販売に関連した法規制が、外資系 にとっての大きな障壁となる。
 中国で小売りのライセンスを持たない外資 系企業がECサイトで商品を販売するには、 「ICP(Internet Content Provider)ラ  中国のネット通販事業に必要な機能をフルラインで 提供するサービスを昨年夏に開始した。
物流だけでな く、日本から商品を輸入して中国のショッピングサイ トで販売し決済するまでの商流も代行する。
ネット通 販に必要な小売業ライセンスを傘下の企業を通して取 得し、商社機能も自前で用意した。
新サービス 三井倉庫 中国のネット通販に必要な全機能を提供 現地の小売免許を取得し商社機能も整備 三井倉庫のロジスティクスシ ステム部 名取裕基ソリュ ーション第一課課長 47  MARCH 2012 イセンス」を取得する必要がある。
中国が情 報統制のために実施しているサイトの審査制 度だ。
ICPライセンスの申請には、資本金 が一〇〇万人民元以上(全国向け販売では一 〇〇〇万人民元以上)であることや、外資系 企業の出資比率が五〇%を超えていないこと などの条件がある。
これをクリアするには現 地法人を設立するか現地企業と提携を行わな ければならず、ハードルが高い。
タオバオモールに自ら出店  三井倉庫はそこにビジネスチャンスがある と見た。
中国でEC事業を展開する上で必要 な機能を、物流だけでなく商流や金流まで含 めたパッケージサービスとして提供することで、 この分野の競争で優位に立てると考えた。
 通販の物流については、従来から日本で業 務を受託しておりノウハウがあった。
だが商 流のプロセスは一から作り上げなければなら なかった。
「どうすればライセンスが取れるの か、中国の法律や会計を勉強し、いろいろな 壁にぶつかりながら試行錯誤を繰り返した」 とロジスティクスシステム部の名取裕基ソリュ ーション第一課課長は振り返る。
 構想の具体化に向けて動き出したのはリサ ーチの開始からおよそ二年後だった。
まずネ ット通販に必要な小売りのライセンスを持つ 「上海茗之意商貿有限公司」(一〇年十二月設 立)を傘下に収めた。
続いて一一年六月に日 本からの輸入の受け皿となる商社「美晟茲貿 易(上海)有限公司」を三井倉庫の一〇〇% 出資で設立した。
上海茗之意商貿についても 近々、同社の一〇〇%子会社化を予定してい る。
 この両社と物流会社の三運物流(上海)の 三社が商流と物流の中核機能を分担する形で、 ネット通販のプラットフォームサービスの枠組 みを構築した。
商品の輸入から通販サイトで の販売、配送・決済まで全プロセスを支援す るサービスだ。
 美晟茲貿易(上海)が日本の通販事業者 から商品を仕入れて、上海茗之意商貿に販 売。
小売りのライセンスを持つ上海茗之意商 貿が商品を中国の通販サイトに出店して販売 を代行し、代金の決済を行う。
三運物流(上 海)は輸出入業務や物流センターでの保管・ 出荷・配送業務を担当する。
 中国に現地法人などの事業基盤を持たない 日系企業でも、このプラットフォームサービ スを利用すれば比較的短時間かつ低コストで ネット通販に参入できる。
すでに現地に進出 して生産活動を行っているメーカーであって も、ライセンス取得の手間を省くメリットが ある。
この場合は上海茗之意商貿がメーカー の現地法人から商品を直接仕入れてその先を 支援する。
 昨年七月、同社は中国で最大のB to C通販 モール「淘宝商城(タオバオモール)」に大手 日用品メーカーの旗艦店を開設し、このビジ ネスを立ち上げた。
 タオバオでの決済は、中国のオンライン決 済方法で最も普及している「アリペイ」のエ スクロー決済サービスを利用する。
売り手と 買い手がアリペイの口座を使って取引を行う ことで、双方のリスクを回避し取引の不安を 解消するシステムだ。
会社名 本社 設立 董事長 資本金 株主構成 事業内容 従業員数 拠点 三運物流(上海)概要 三運物流(上海)有限公司 (英語名)Mitex Logistics(Shanghai)Co.Ltd. 上海市外高橋保税区華申路 27号湯臣工業園B1棟2 階 2002 年7月 勇 進 (三井倉庫株式会社 中国地域代表 兼務) 200万米ドル 三運(香港)有限公司 (三井倉庫全額出資の香港子会社)100% 国際物流業、倉庫保管業、流通加工業、 配送業 450人 蘇州、嘉興、無錫、張家港、杭州、寧波、 福州、中山、広州、青島、大連、天津 上海茗之意商貿有限公司 (英語名)Shanghai MITS Trade&Commerce Co.Ltd. 上海市黄浦区宁海東路200 号2005 室 2010 年12月 下記貨物・技術の販売・輸出入・電子商 務・コンサルティング 針紡績品、服装靴帽、百貨、化粧品、ス ポーツ用品、機械設備、金物、電子産品、 包装材料、スーツケース、家具 美晟茲貿易(上海)有限公司 (英語名)MSC Trading Shanghai Co.Ltd. 上海市延安東路618 号東海商業中心二期 10 楼A 室 2011年6月 垣見 玄悟 (元三井倉庫株式会社取締役、現参与) 500万米ドル 三井倉庫株式会社100% 下記貨物の卸売り・代理販売(競売を除 く)・輸出入・アフターサービス 針紡績品、アパレル、靴、帽子、日用品、 衛生用品、化粧品、スポーツ用品、機械 設備、金物、電子産品、包装材料、スー ツケース、家具 会社名 本社 設立 事業内容 上海茗之意商貿概要 会社名 本社 設立 董事長 資本金 株主構成 事業内容 美晟茲貿易(上海)概要 MARCH 2012  48  まず購入者がアリペイの口座に代金を入金 する。
出店者のサイトで買い物をすると口座 の購入金額が凍結される。
出店者はこれを 確認して商品を出荷する。
購入者が商品を受 領すると出店者の口座に代金が振り込まれる、 という仕組みになっている。
買い手は代金決 済が完了する前に商品を入手でき、売り手も 代金を確実に回収できる。
 このほかに、ネット通販には欠かせないコ ールセンター業務や中国でのマーケティング活 動についても、現地の日系企業などとの提携 によって提供し、通販会社をサポートする。
予想より高い宅配便の品質  物流業務は上海外高橋保税区の倉庫内に 設けた物流センターで行う。
従来、この倉庫 では主に日本や東南アジア向けの輸出品を扱 っていた。
通販商品の少量ピッキングに対応 するため、日本のノウハウを持ち込んでバー コードシステムを導入し、オペレーションを変 更した。
 ネット通販の宅配サービスは中国全土に及 ぶため、方面ごとに現地の大手宅配会社や日 系宅配会社と提携している。
遠隔地へはEM Sの配送網を利用する。
 提携先はタオバオの指定業者に声をかけ入 札によって選定した。
会社の規模や運賃、I T化のレベル、セールスポイント、事故時の 対応などについて書類選考を行い、さらに実 際にECサイトで商品を注文して、宅配業者 顧客の事情はまちまちで同社のサービスへの 要望も一様ではない。
このためパッケージ化 したサービスとはいっても実際には顧客ごと にテイラーメイドで仕上げているのが実情だ。
 通常はまず双方で全体のスキームについて 話し合い、市場調査やプロモーション活動を 経て、顧客が契約に向け委託する業務の範囲 やコストなどの検討を開始する。
続いて業務 フローの設計、ECサイトへの出店の申請を 行い、画面のデザインを決める。
さらに扱う 商品によっては物流センターのオペレーション を手直しする。
 現状ではこの一連のプロセスに六カ月近く の期間を要している。
引き合いのある顧客の の輸送品質やリードタイムをチェックした上で 慎重にパートナーを選んだ。
 中国では運送事業者の輸送品質の低さが 常々指摘され、荷扱いが乱暴で輸送中の盗難 もしばしば発生すると不安視されている。
だ が名取課長は「われわれがこのサービスを検 討し始めた頃と比べ宅配便の品質はかなり向 上している。
荷扱いが良くなり口割れも減っ た。
事故率は予想していたよりはるかに低い」 と強調する。
 同社がサービスを開始して以来、さまざま な企業から引き合いが相次いでいる。
中国で 初めてネット通販に乗り出す企業ばかりでは なく、すでに別のサイトに出店している企業 からも相談を受けるという。
 ロジスティクスシステム事業部門長の後藤 大輔執行役員は「小売りのライセンスまでパ ッケージにしたサービスはまだほかになく、期 待感は非常に高い。
ファーストランナーとし てこのビジネスを大きくしていきたい」と抱 負を語る。
 当面の課題は、商談を開始してからモール に出店するまでの期間をいかに短縮するかだ。
三井倉庫のロジスティクスシ ステム事業部門長  後藤大輔執行役員 中国通販に必要な機能 マーケティング・決済・販売・物流の通販に関わる全てのプロセスで 最適な事業者と提携し、ベストソリューションを提供 FLEXPRESS 中国通販プラットフォーム 全体像 決済 商流物流金流 カスタマー 物流 サポート 小売 卸売 マーケティング 会社 マーケ ティング ECサイト EC サイト コールセンター 中国小売ライセンス 中国卸売ライセンス 日本↓中国輸送 倉庫 宅配会社 (代引機能込) 決済 代行会社 49  MARCH 2012 では商材や物流サービスについて購入者の評 価を公表しており、サービスの善し悪しが売 り上げに大きく影響してくる。
 サービスを開始した当初、三井倉庫は出荷 を受注翌日に一律で設定していた。
しかし、 現在は午前中に受注した分を当日に出荷する 日本並みのサービスを実施している。
上海地 区なら翌日に届く。
 ただし国土の広い中国ではトラック輸送の リードタイムが一週間近くかかるエリアもあ る。
そこで今後は、既存倉庫のある華南地区 を始め、上海以外にも物流センターを設ける 考えだ。
それによって遠隔地向けのリードタ イムを大幅に短縮し、コストも削減できると 見ている。
荷主の“売り上げ伸ばす”支援も  サイトに出店した顧客が商品の売り上げを 伸ばすために、三井倉庫としてどのように 支援していくかも、今後の課題の一つになる。
通販モールに出店できてもただちに商品が売 れるとは限らない。
タオバオには中国内外か ら四万社もの企業が出店し、七万ブランドの 商品が売られている。
この巨大なショッピン グモールで売り上げを伸ばすには、消費者に 数ある店の商品のなかから自社の商品を選ん でもらうための工夫がいる。
 「われわれ自身はあくまで物流機能と商品 を売る場所を提供するだけだが、専門家と密 に連携するなりして?どうしたら売れるか? についても支援できる方策を考えていくつも りだ」(後藤事業部門長)としている。
 中国では通販サイトの運営業者自身が物流 センターと配送網を構築して出店者の物流業 務を受託するなど、成長市場の物流を巡って、 さまざまな分野から競合者の出現が予想され る。
そのなかで同社のビジネスモデルをどう 進化させていけるかが、トップランナーであ り続けるための鍵になる。
 同社はこのサービスに「FLEXPRE SS中国通販プラットフォームサービス」と 名付けている。
「FLEXPRESS」は ?柔軟さ?と?迅速さ?をセールスポイントに パッケージ化したサービスのブランド名だ。
 昨年四月にこのブランドを冠したサービス の第一弾として「FLEXPRESS 
HINA サービス」を商品化した。
中国か ら日本への輸入貨物が対象で、日本で行って いる保管・検品・検診などの業務を中国に移 してトータル物流コストを削減するサービスだ。
セールスポイントは上海から東京に向けて月 曜から金曜まで毎日出航する海上輸送サービ スを提供し、中国からの調達期間を短縮でき るようにした点だ。
 今後、商品によっては顧客が日本へ輸入す るだけでなく、中国国内でも販売するケース が想定されることから、同社ではこのサービ スを中国通販プラットフォームサービスとセッ トで提供する展開も考えている。
(フリージャーナリスト・内田三知代) なかには「すぐにでも出店できる」という期 待を抱いて商談に訪れるところも多く、これ ではスピード感に欠ける。
「プロセスのパター ンをいくつか用意して、そのなかから顧客が 選択できるようにするなど、せめて期間を三 カ月程度まで短縮していきたい」と後藤部門 長はいう。
 同社がプラットフォームサービスを提供し ているB to Cサイト以外にも、中国にはさ まざまなショッピングモールが乱立している。
C to Cのネット通販も盛況だ。
料金やリード タイムなどのサービス競争は厳しく、配送料 を無料にしているところも多い。
出店サイト 提案スキーム図 同社傘下の小売ライセンス保有企業を利用することでネット通販が可能 になり、物流から商流まで顧客の中国通販展開を全面的に支援 中国通販プラットフォーム全体概要 輸出 販売 商品代金 調査 依頼 レポート 三井倉庫 宅配 問合せ 回答 注文 商品 代金 商品 代金 提携会社にて提供モノの流れ 商品代金 販売 物流機能 商社機能 小売機能 情報の流れカネの流れ 日本 通販 事業者 中国市場 お客様 マーケ ティング カスタマー サポート 決済 代行

購読案内広告案内