ロジビズ :月刊ロジスティックビジネス
ロジスティクス・ビジネスはロジスティクス業界の専門雑誌です。
2013年2号
NEWS
欧米編

*下記はPDFよりテキストを抽出したデータです。閲覧はPDFをご覧下さい。

FEBRUARY 2013  70 2012年12月発表分 仏ノルベール・ダントルサングル ベルギーの倉庫・輸送事業を買収 ■同社プレスリリース  12 ・3  フランスの大手ロジスティクス企 業であるノルベール・ダントルサング ルは、ベルギーの物流会社ノヴァ・ナ シから、倉庫事業の一部とフォワーデ ィング事業を買収することを決めた。
両事業の二〇一一年の売上高は四〇 〇〇万ユーロ(約四四億円)、従業員 は二五〇人。
取り扱いの九五%はベ ルギーのアントワープ港、残る五%は オランダのスキポール空港発着分と なっている。
 ノルベール・ダントルサングルは、 国際物流拠点のアントワープ港に強 みを持つ同事業の買収により、ベル ギーでのロジスティクス事業を強化す る。
今回の買収で延べ床面積十三万 平方メートルの倉庫を取得。
ベルギ ーでの事業規模は年間の売上高が約 一億二〇〇〇万ユーロ(約一三二億 円)に拡大すると見込まれる。
英ウィンカントン 新たな財務担当取締役を選出 ■同社プレスリリース  12 ・7  英国の3PL大手ウィンカントン の取締役会は、新たなグループの財 務担当取締役にエイドリアン・コール マン氏を選んだ。
就任は二〇一三年 一月七日付。
 同氏は英国の科学技術研究企業キ ネティック・グループの会計責任者や ロンドン・シティ空港の最高財務責 任者(CFO)を歴任。
その後、英 国の携帯情報端末メーカー、サイオ ン(一二年にモトローラ・ソリューシ ョンズが買収)で財務担当役員を務 め、コスト削減や海外投資家へのI R活動などで手腕を発揮した。
豪ブランブルズ 蘭CEVAのパレコン事業買収 ■同社プレスリリース  12 ・ 17 など  オーストラリアの物流大手ブラン ブルズは、オランダの3PL大手C EVAロジスティクス傘下で、主に液 体を運ぶ中型容器(IBC)による 国際輸送を手掛けるパレコン事業を 買収することで合意した。
買収額は 一億三五〇〇万ユーロ(約一四八億 五〇〇〇万円)。
買収手続きは二〇一 三年の第1四半期中に完了する予定。
 パレコンは主に西欧や豪州、ニュ ージーランドで、液状の食品や化粧 品、化学物質をIBCで輸送してい る。
三〇年以上の経験を持ち、全世 界で約一八万個のIBCを取り扱っ ている。
一二年九月期の売上高は五 三〇〇万ユーロ(約五八億三〇〇〇 万円)に上る。
TNT買収で新たな譲歩案提出 UPSが欧州委に ■WSJ 12 ・ 18 など  
妝丕咾蓮▲ランダのTNTエクス プレス買収をめぐる膠着状態の打開 に向け、欧州委員会(EC)に買収 計画の新たな譲歩案を提出した。
事 情に詳しい関係者二人が米紙ウォー ル・ストリート・ジャーナル(WS J)に明らかにした。
二〇一二年十 一月末にECへ提示した譲歩案に盛 り込んでいる事業や資産売却の範囲 をさらに拡大したとみられる。
 
妝丕咾賄初、一二年の第3四半 期までにTNT買収を完了する計画 だったが、買収で国際小口輸送市場 の占有率が高くなることを懸念する ECが詳細な調査を開始。
TNTが 傘下の航空貨物会社二社をアイルラ ンドのASLアビエーションに売却 する方針を発表したのを受け、EC は合併審査の期限を一三年二月五日 に延長した。
 
妝丕咾EUへ提出した最初の譲 歩案は、東欧を中心とした欧州十二 カ国でのTNTの事業売却などに加 え、オランダなど三カ国に関連した 譲歩も提案しているという。
 関係者の一人によれば、さらに数 カ国が譲歩対象のリストに追加され ている。
また、フランス郵政公社ラ・ ポストの宅配子会社DPDが、放出 される資産の取得に乗り出している という。
 その後、UPSは一三年一月一四 日、ECからTNT買収を阻止する 方向で作業中との通告を受けたと発 表した。
ECは近く不承認の方針を 正式決定する見込み。
UPSは経営 戦略の修正を迫られる。
サムソナイトのサプライチェーン ケリー・ロジがタイで管理受託 ■同社プレスリリース  12 ・ 18  香港の物流大手ケリー・ロジステ ィクスは、英国のスーツケース製造・ 販売大手サムソナイトのタイ現地法 人から、サプライチェーンの管理業 務を受託した。
商品の保管や仕分け、 付加価値サービス、タイ国内各地へ の輸送を手掛ける。
 対象はスーツケース、衣服携帯用 ケース、カジュアルバッグなど。
これ らの商品をバンコクやプーケット、パ タヤ、チェンマイなどの主要都市や 島にある四〇以上のデパート、小売 店に配送する。
フォワーディングの責任者交代 豪トール ■同社プレスリリース  12 ・ 18  豪トールグループは、国際フォワー 71  FEBRUARY 2013 換算レート:1ドル= 85円、1ユーロ= 110円、1スイス・フラン= 95円 ディング部門の責任者であるヒュー・ カッシング氏が退き、後任にポール・ クーツ氏が二〇一三年二月に就任す ると発表した。
 クーツ氏はDHLなどで三五年間、 国際物流業務の経験を積み重ねた後、 〇九年にトールへ入社した。
現在は トール・グローバル・フォワーディン グ(TGF)の商品・マーケティン グ・営業担当ディレクター。
 カッシング氏は一九七五年、豪州 の鉄道会社QRXで物流業界のキャ リアをスタートし、TNTロジスティ クスの豪州法人に移籍。
同社がトー ルに買収されたのに伴い、トールグ ループ入りした。
同氏は一三年十一 月までグループにとどまり、後任の クーツ氏を支援する。
航空貨物不振で純利益が十二%減 フェデックス ■同社プレスリリース  12 ・ 19 など  フェデックスの二〇一二年九−十 一月期決算は、純利益が前年同期比 十二%減の四億三八〇〇万ドル(約 三七二億円)にとどまった。
航空貨 物事業の不振、一二年十月末に米東 北部を襲ったハリケーン「サンディ」 による混乱などが響いた。
一方、総 売上高は四・七%増の一一一億ドル (約九四三五億円)だった。
 航空貨物事業の営業利益は三三% 減の二億三〇〇〇万ドル(約一九五 億五〇〇〇万円)。
トラックなどの陸 送事業が四%増の四億一二〇〇万ド ル(約三五〇億円)を確保したのと は対照的だった。
 フレデリック・スミスCEO(最高 経営責任者)は「世界経済は弱含み の状態が続き、収益性が低い国際配 送サービスの需要が増えたため、フェ デックス・エクスプレスの利益を下押 しした」と解説。
ただ、年末商戦絡 みの配送が堅調なことなどから、通 期の業績予想は変更していない。
伊書籍販売大手から3PL受託 蘭CEVA ■同社プレスリリース  12 ・ 19  
達釘孱船蹈献好謄クスは、イタリ アの書籍販売大手マッハ2リブリ(M ACH 2 LIBRI)から複数年 にわたる3PL業務を受託した。
約 三〇〇〇万種類に及ぶアイテムの配 送を支援する。
 
械丕牟般海蓮△泙坤潺薀龍畊戮 ペスキエータにあるCEVAの倉庫 を活用して展開する。
マッハ2リブ リがロジスティクスを外部委託する のは今回が初めて。
英玩具小売り大手と提携拡大 キューネ+ナーゲル ■同社プレスリリース  12 ・ 20  スイスの大手ロジスティクス企業 であるキューネ+ナーゲルは、英国の 玩具小売り大手ハムレーズと提携関 係を拡大した。
世界規模の出店計画 を後押しするため、効率的なグロー バルサプライチェーンの形成を支える。
 キューネ+ナーゲルが中国・深圳市 の物流ハブ施設を活用。
効率的な輸 送経路の構築やリードタイムの短縮 などの成果を生み出している。
 ハムレーズは二〇〇八年以降、ア ラブ首長国連邦やヨルダン、インド、 ロシア、サウジアラビア、スカンジナ ビア諸国などに店舗を開設している。
プロロジスがノルウェー中銀と合弁 物流施設運用の新会社設立 ■同社プレスリリース  12 ・20  物流施設開発・運営の世界的企業 プロロジスは、ノルウェー中央銀行の 投資運用部門(NBIM)と、合弁 会社「プロロジス・ヨーロピアン・ロ ジスティクス・パートナーズ」(PE LP)の設立に関する契約を締結し た。
PELPは プロロジスグルー プが欧州の主要な十一のグローバル マーケットで所有する物流施設一九 五物件(計約四五〇万平方メートル) の運用を引き継いだ上で、戦略的な ポートフォリオの構築を目指す。
 
丕釘味个僚仍馮耄┐聾沺斬亳沺 で、プロロジスとNBIMが十二億 ユーロ(約一三二〇億円)ずつ分担 する。
PELPの運営期間は一五年 で、さらに一五年の延長が可能。
契 約成立から二年が経過すれば、プロ ロジスはPELP株の持ち分比率を 二〇%まで下げることができる。
 新会社発足に際し、NBIMは プロロジスの普通株式六〇〇万株を、 一株当たり三五ドル六四セント(約 三〇〇〇円)で買い付ける三年満期 の新株購入予約権を取得する。
 プロロジスはPELP設立につい て「これらのプライベート・キャピタ ル事業はプロロジス成長の原動力で あり、世界規模で顧客への物流施設 提供を引き続き可能にすると同時に、 プロロジスの資本効率の再配置や収 入の増加・多様化をもたらすことも できる」と意義を強調している。
のれんの減損二七億円を計上へ パナルピナ ■同社プレスリリース  12 ・ 21  スイスの総合物流大手パナルピナ は、二〇一一年に買収したノルウェ ーの物流会社グリーグ・ロジスティク スについて、のれん代(営業権)の 減損を実施すると発表した。
一二年 に二九〇〇万スイス・フラン(約二 七億五五〇〇万円)を計上する予定。
ノルウェーで主要顧客を失ったこと に伴い、資産価値を見直した。

購読案内広告案内