ロジビズ :月刊ロジスティックビジネス
ロジスティクス・ビジネスはロジスティクス業界の専門雑誌です。
2011年8号
NEWS
欧米

*下記はPDFよりテキストを抽出したデータです。閲覧はPDFをご覧下さい。

AUGUST 2011  60 2011年6月発表分 TNT インド〜欧州間に貨物機就航 ■同社プレスリリース 
供Γ  オランダのTNTは、インド〜欧 州間でボーイング767型貨物機の 運航を開始した。
インドのニューデリ ー空港とTNTのハブ空港であるベ ルギー・リエージュ国際空港をドバイ を経由して週五便で結ぶ。
 同便の一週間当たりの輸送能力は 二一〇トン。
ニューデリー発の貨物は 集荷当日の夜に搭載。
翌朝欧州に到 着し、配達される。
 インド〜欧州間での貨物機の就航 は、TNTが今後、アジア〜欧州間 の貨物輸送に積極的に取り組んでい こうとする方針の一環だ。
同社はこ のほか、アジアでは香港と上海、シ ンガポール、重慶から欧州に貨物機 を運航している。
英ウィンカントン 業績不振から独などで事業売却 ■同社プレスリリース 
供Γ  英国の大手3PL企業であるウィ ンカントンは、ドイツのトラック輸 送事業と中欧・東欧のロジスティク ス事業をラーベン(Raben)社 に、オランダのロジスティクス事業部 門をJCL社に売却する。
売却総額 は四六五〇万ユーロ(五四億四〇五 〇万円)となる。
 ウィンカントンは事業の不振が続 き、先の中間決算では赤字に陥って いた。
事業の売却によって、ウィン カントンの手元には三〇〇〇万ユー ロ以上のキャッシュが残る。
約二八 五〇人の従業員は売却先の二社に移 籍する。
 ラーベンに売却するのは、トラッ ク事業部門が所有する一六カ所の配 送センターや車両など。
また、ロジ スティクス事業ではポーランド、ハン ガリー、チェコ、スロバキアにおける 事業を売却する。
売却益は三六〇〇 万ユーロ。
JCLには五カ所の物流 センターを含め、オランダのロジステ ィクス事業部門を売却する。
売却益 は一〇五〇万ユーロとなる。
キューネ+ナーゲル 米部品メーカーとの契約更新 ■同社プレスリリース 
供Γ  スイスのロジスティクス業者である キューネ+ナーゲルは、石油・ガス輸 送のための部品を作る米国のキャメ ロン社と物流業務の受託契約を二年 間更新した。
キューネ+ナーゲルは北 米だけでなく、南米、アジア、欧州 でキャメロン社の製品の航空・海上フ ォワーディング、陸上・鉄道輸送業 務を請け負う。
仏ノルベール・ダントレサングル 英化学大手のリサイクル物流受注 ■同社プレスリリース 
供 10  フランスのロジスティクス業者で英 TDGを傘下に収めたノルベール・ダ ントレサングルは、英国の大手ポリエ チレンメーカー、ブリティッシュ・ポ リエチレン・インダストリーズ(BP I)からリサイクル物流を受注した。
 ノルベール・ダントレサングルは、 BPIが英国内の三カ所(南ウェール ズ、南西部のグロスターシャー、中部 のダービーシャー)で扱うリサイクル 品の物流を一括して受託した。
英中 央部のヒーナー(Heanor)に 中央センターを新設し、先の三カ所 からのリサイクル製品を集約。
中央 センターでの庫内業務、出荷・輸送 業務まで行う。
 
贈丕匹惑間六〇万トンの廃棄製 品をリサイクルしており、ノルベー ル・ダントレサングルの貨物取扱量は パレットにして一〇万枚以上となる。
 
贈丕匹諒流業務は元々TDGが 行っていたが、買収に伴い、新たな 事業体系をとることになった。
UPS 英国で航空貨物が輸入禁止に ■同社プレスリリース  6・ 17 など  
妝丕咾蕨桟遒梁荵綾気法英国の 複数の航空貨物施設で輸入貨物の検 査業務を禁止された。
安全上の理由 という以上は明らかにされていない。
この禁止措置はUPSが安全基準を 満たすまで続くようだが、六月の第 四週には解かれるもよう。
 同社の広報担当者によると、運輸 省が、UPSの安全確保に関する手 順や書類作成の過程を見直した結果、 今回の事態が生じたとする。
 
妝丕咾蓮△海譴泙任鳳儿颪任龍 務に関して二つの事件を起こしてい る。
一つは昨年一〇月にUPSの貨 物機から爆弾が発見されたこと。
ま た今年三月にはトルコから英国に向 かう貨物機に偽の爆弾が搭載されて いた。
このため、英国や米国など多 くの国の空港では、国際エクスプレス 貨物の安全性に神経を尖らせている。
米ライダーがCEVAに 一〇四四台の車両をリース ■同社プレスリリース 
供 20  米国の車両リース会社であり3P L部門も持つライダー・システムは、 オランダに本社を置く3PL企業、C EVAロジスティクスに対して、米 国で一〇四四台以上のトレーラーを リースする契約を結んだ。
 契約期間は一〇年間。
ライダーは GPS(地球測位システム)を使っ 61  AUGUST 2011 換算レート:1ドル=81円、1ユーロ= 117円で換算 てトレーラーの動きをモニターする専 用のコーディネーターを、CEVAの センターに派遣する。
 
達釘孱舛亙胴颪任眤濱斃∩とL TL( Less Than Truckload:日本 の特別積み合わせ貨物輸送に相当) 輸送を行っており、約二〇〇カ所の 拠点と四七〇〇台のトレーラーを稼 働させている。
今回の契約によって、 ライダーはCEVAに計一二四四台 をリースすることになる。
ドイツポストDHLがアジアで 一億ユーロ投じ大型機三機導入 ■同社プレスリリース 
供 22  ドイツポストDHLは、アジアの航 空輸送網にボーイングの747─
苅 0BCF型貨物機三機を投入し、貨 物輸送能力を増強する。
同機の最大 貨物積載量は一〇〇トン。
投資総額 は一億ユーロ(一一七億円)に上る。
 
沓苅掘治苅娃娃贈達瞳慎,魯ャ セイパシフィック航空とDHLの合 弁貨物航空会社、エア・ホンコンが 東京〜香港、シンガポール〜香港、上 海〜香港の三路線で運行する。
運行 頻度は週六日。
 現状、東京〜香港間、および上海 〜香港間ではエアバスのA300─ 600GF型機二機を運航している が、同機の最大貨物積載量は四五ト ン。
これら二機は九月までに北京〜 香港間、およびマニラ〜香港間に投 入し、週五便を運航する予定。
キャット・ロジ 米西海岸に部品センター建設 ■同社プレスリリース 
供 23  キャタピラーの一〇〇%物流子会 社、キャタピラー・ロジスティクス (キャット・ロジ)は、米国西岸のワ シントン州スポーケンに置く十二万 五〇〇〇〇平方フィート(一万一二 五〇平方メートル)の物流センターが 老朽化してきたのに伴い、来年まで に新センターを建設する。
 これは同社が数年かけて進めてき た北米でのネットワークの拡大戦略 の一環で、得意としてきた部品に関 するロジスティクス業務を強化するの が狙い。
新センターでは一〇〇人か ら一五〇人を雇用する見込みだとい う。
 ただし一方で、親会社のキャタピ ラーは三月にキャット・ロジを売却す る意向を示している。
フェデックスが環境対策を強化 電気自動車導入や車両更新で ■同社プレスリリース 
供 28  フェデックス傘下のフェデックス・ エクスプレスは今後、燃費効率に優 れた集配車両を導入することで、環 境への負荷が少ない配送体制づくり を目指す。
まずは今後二カ月で新た に二四台の電気自動車を導入し、電 気自動車を既存のものと合わせて計 四三台とする。
同時に、ハイブリッ ド車両やその他の車両の更新なども 行う。
 同社は二〇〇〇年春から、旧型車 を燃費効率の優れた車両に切り替え ることによって、燃料消費量を年間 六六〇〇万ガロン削減してきた。
今 後、主に集配車の走行距離が長い路 線において、四〇〇〇台の車両を更 新していくという。
仏ジオディス・ウィルソン 高級ホテル向けのサービス強化 ■同社プレスリリース 
供30  フランス国鉄傘下のジオディス・グ ループでフォワーディング業務を行う ジオディス・ウィルソンは、高級ホテ ルやリゾートといったホスピタリティ 産業に向けたロジスティクス商品の販 売を強化する。
 ホテルやリゾートを新規にオープン する場合、家具や食器といった調度 品からタオル、歯ブラシなどのアメニ ティ商品まで数多くの物品を取り揃 えなければならず、大きな輸送需要 を見込むことができる。
同社はそう したニーズに特化した部門も設立し、 商機につなげていきたい考え。
ドイツポストDHL 中国国内のエクスプレスから撤退か ■ロイター 
供 30 など  ロイター通信は、ドイツポストD HLが、赤字が続く中国国内のエク スプレス事業から撤退すると報じた。
今後は収益性のある国際エクスプレ ス事業に注力する方針だという。
 同社は、シノトランス・グループと の折半出資の合弁会社、DHL─シノ トランスによって中国事業を行って いた。
この合弁会社の中国国内のエ クスプレス部門をユニートップ(Unitop) という現地企業に売却した、と シノトランス側が発表した。
シノトラ ンスは「国内のエクスプレス市場で は価格競争が激しく、海外企業にと っては利益を上げにくくなったため」 と説明している。
 
庁硲未筌侫Д妊奪ス、UPSは、 中国発のエクスプレス貨物を扱う大 手事業者ではあるが、中国国内に限 れば数多くの現地中小企業が価格競 争を繰り広げ、顧客を奪い合ってい るのが現状だ。
 
庁硲岬.轡離肇薀鵐垢蓮二〇〇九 年の中国国内事業開始から昨年末ま でに一五〇〇万ドル(十二億一五〇 〇万円)の赤字を計上している。
 
庁硲未亙麁擦亡悗靴董◆峪埔譴留 にはコメントしない」としている。

購読案内広告案内